主に、ブラックメタルとサウンドトラックのレヴューをしています。 音源購入の際の参考になれば幸いです。

throughchasmcavesandtitanwoods
Through Chasm, Caves And Titan Woods

NATTEFROSTやENTHRONE、THE CHILDMOLESTERS、GRIMM、KREFT、WORLD DESTROYER、そして元BLOODLINEのNattefrost氏と、MAANELYSTやENTHRONE、THE CHILDMOLESTERS、GRIMM等のNordavind氏によるノルウェーのブラックメタルバンド、95年のミニアルバム。(SEA OF DREAMSのSvein H.Kleppe氏がドラムで、SEA OF DREAMSやMAYAHのJohn M.Harr氏がベースで参加!!)


ミドル/スローテンポや裏打ちでの疾走を絡めて緩急付けて展開してゆく籠り気味のrawなドラムに、籠った古臭い低音を効かせるベース、ジィジーと歪んだ籠ったチープなギターが古臭いオールドスクールリフや哀愁リフを奏で、昔日の神秘的な空気を紡ぐkeyが要所に絡み、エコーが効いて籠り気味の邪悪なヴォーカルが腐臭と魔臭を纏ってガナる!!基本的には、実に90年代初期ブラックメタルらしい古臭いスラッシーな楽曲を展開しているが、アコースティックなギターやkey、更にはカラスの鳴き声等のSEを随所に織り交ぜて中世ヨーロッパ的田舎の哀愁を醸し出しており、長きに渡って閉ざされていた扉を開いた時の如く廃墟的籠った音質や、どちらかと言えば大人しく穏やかな作風も相まって、森と霧に囲まれた古城の失われた古の哀愁感じさせる、なかなかの個性的な世界観を構築!!!古臭さ満点のオールドスクールブラックメタルと凋落の哀愁がドラマティックなまでに融合した落魄のカントリーブラックメタル、5曲18分!!!この世界観は実に素晴らしい!!!やはり90年代初期ノルウェーブラックメタルは秀逸である!!!!



bloodlustandperversion
Bloodlust And Perversion

NATTEFROSTやENTHRONE、THE CHILDMOLESTERS、GRIMM、KREFT、WORLD DESTROYER、そして元BLOODLINEのLord Nosferatu氏と、MAANELYSTやENTHRONE、THE CHILDMOLESTERS、GRIMM等のLord Karnstein氏によるノルウェーのブラックメタルバンド、92年のデモ「Bloodlust And Perversion」に、93年のデモ「Journey Through The Cold Moors Of Svarttjern」と、92年のデモ「Rehearsal Outtake」を追加した97年のアルバム。(Lord Blackmangler氏、THE CHILDMOLESTERSやGRIMMのGrimm氏、そしてGRIMMのDamnatus氏がセッションメンバーで参加!!)


ミドル/スローテンポや裏打ち等での疾走を絡めて展開してゆく生々しいドラムに、ブゴブゴと割れ気味の重低音を響かせる籠ったベース、ジィジィと歪んだチープなギターがスラッシーなオールドスクールリフを、アコースティックなギターが中世ヨーロッパ的哀愁の旋律を奏で、古城の地下に閉じ込められた魔物の如く邪悪なヴォーカルがガナる!!どのデモ音源も実に90年代初期デモ音源らしい粗く荒々しい汚らしさと生々しさ纏ったネクロな劣悪サウンドで展開する、ミニアルバム「Through Chasm, Caves And Titan Woods」と全くの同路線の楽曲が非常に秀逸で、やはり何と言っても、中世ヨーロッパの田舎の哀愁醸し出すアコースティック要素やドラマティックな神秘性醸し出すチープなkey、更には馬の蹄の音や鳥の鳴き声等のSEを要所に絡めた独特の世界観が実に素晴らしく、この、他に類を見ない世界観は数奇者には堪らないであろう、スラッシーなオールドスクールブラックメタルとカントリーな落魄の哀愁が如何わしく融合した逸品、BATHORYカヴァー1曲とVENOMカヴァー1曲含む13曲58分!!!やはり90年代初期ノルウェーブラックメタルは素晴らしい!!!!


blackshiningleather
Black Shining Leather
NATTEFROSTやENTHRONE、THE CHILDMOLESTERS、GRIMM、KREFT、WORLD DESTROYER、そして元BLOODLINEのR.Nattefrost氏と、MAANELYSTやENTHRONE、THE CHILDMOLESTERS、GRIM等のJ.Nordavind氏によるノルウェーのブラックメタルバンド、98年の1stフルアルバム。(BORKNAGARやSOLEFALD、AGE OF SILENCE、SILENT、OLD WORDS NEW、そして元ASMEGINのLazare氏がドラムで参加!!)

如何わしいポルノSEで幕を開ける楽曲は、ブラスト/裏打ち等による疾走やミドル/スローテンポを絡めて展開してゆくヘヴィ且つrawなドラムに、ベンベンガリガリと野太い低音を効かせるベース、ジャリギャリジャージャーと歪んだギターがスラッシーなオールドスクールリフを軸に時折ドラマティックな物悲しい旋律を奏で、要所でドラマティックさと荘厳さを演出する冷気纏ったkey、そして邪悪なヴォーカルがガナる!!過去作品で醸し出していた中世ヨーロッパ的哀愁の空気は霧散し、よりスラッシーでオールドスクールなブラックメタルへと進化した今作であるが、Nattefrost氏による如何わしくもノリノリのオールドスクールスラッシーなパートとNordavind氏による暗くおどろおどろしくも物悲しいドラマティックなパートの相反する要素が何故か絶妙に融合した、かなりの変態的オールドスクールブラックメタルを構築しており、変態古黒金属紳士には堪らない世界観を堪能する事が出来る尾籠なる逸品に仕上がっている!!!!何と言っても、スラッシーなオールドスクールパートが堪らなく格好良いのである!!!!何と言っても、どろりと暗く澱んだメランコリックパートが堪らなく蠱惑的なのである!!!!Nattefrost氏とNordavind氏の互いの個性が龍涎香の如く奇跡的確率で生成された名盤、まさかのTHE CUREカヴァー1曲含む11曲50分!!!!!素晴らしいにも程がある!!!!!!


strangeoldbrew
Strange Old Brew
NATTEFROSTやENTHRONE、THE CHILDMOLESTERS、GRIMM、KREFT、WORLD DESTROYER、そして元BLOODLINEのR.Nattefrost氏と、MAANELYSTやENTHRONE、THE CHILDMOLESTERS、GRIMM等のJ.Nordavind氏によるノルウェーのブラックメタルバンド、2000年の2ndフルアルバム。(GREEN CARNATIONやTHE 3rd ATTEMPT、元EMPERORで、元BLOOD RED THRONEのTchort氏がベースで、IN THE WOODS...やCHAIN COLLECTOR、NEONGOD、SVARTELDER、元GREEN CARNATIONで、元BLOOD RED THRONE、元ARVAS、元SCARIOTで、元DEN SAAKALDTE等のA.Kobro氏がドラムで、Nina Hex氏が女性ヴォーカルで2曲、HATEPULSEやWORLD DESTROYERのE.Kulde氏がバッキングヴォーカルで2曲、そしてA WASTE OF TALENTのArvid Thorsen氏がサックスで1曲参加!!)

地獄の如く闇黒的イントロで幕を開ける楽曲は、ブラストや裏打ちでの疾走を軸にミドル/スローテンポ等織り交ぜて緩急付けて展開してゆくヘヴィ且つrawなドラムに、ベンベンガリガリと低音を響かせるベース、ジャージャリと程好く歪んだ汚らしいギターがノリノリでスラッシーなオールドスクールリフを奏で、Nattefrost氏の邪悪なヴォーカルがガナる!!前作1stフルアルバムの様な荘厳メランコリックでドラマティックな要素は最早無く、基本的にはこれでもかとスラッシーなオールドスクールブラックメタルを展開しているが、しかし、時折実にNordavind氏らしいどろどろと暗く怪しい頽廃的な楽曲も絡めて構成されるアルバムの奇跡的完成度は至高であり、不道徳なロックンロールの如く軽快で楽しいとさえ感じられる程にノリノリの作風でありながらもその世界観は実に如何わしく尾籠で、前作1stフルアルバムの怪しい変態的要素のみを抽出して濃度を更に濃くしたかの様な、暗黒的なまでに如何わしく卑猥で、更にそこへサックスまで絡んで妖しさまで加わった珠玉の変態ブラックメタルサウンドに、変態古黒金属紳士は笑みを零しながら悶絶必至の格好良過ぎる逸品に仕上がっている!!!!そして何と言っても、10曲目「Theme from Nekromantik」というその名の通りの映画「ネクロマンティック」のテーマ曲が流れた瞬間、鳥肌とある種の感動に打ち震えた者は少なくないはずで、そのまま日本の変態スカトロポルノSE絡む下品極まりない12曲目「The Good Old Enema Treatment」へと流れるから凄まじい(笑)!!!キャッチーでノリノリのオールドスクールブラックメタルと怪しく如何わしい変態ポルノ要素が織り成す究極の変態邪悪ブラックメタルを堪能する事が出来る傑作にして名盤、12曲40分!!!!素晴らしいにも程がある!!!!!変態過ぎるにも程がある!!!!!!


morbidfascinationofdeath
Morbid Fascination Of Death
NATTEFROSTやENTHRONE、THE CHILDMOLESTERS、GRIMM、KREFT、WORLD DESTROYER、そして元BLOODLINEのR.Nattefrost氏、MAANELYSTやENTHRONE、THE CHILDMOLESTERS、GRIMM等のJ.Nordavind氏、GREEN CARNATIONやTHE 3rd ATTEMPT、元EMPERORで、元BLOOD RED THRONEのTchort氏、IN THE WOODS...やCHAIN COLLECTOR、NEONGOD、SVARTELDER、元GREEN CARNATIONで、元BLOOD RED THRONE、元ARVAS、元SCARIOTで、元DEN SAAKALDTE等のA.Kobro氏、そしてHATEPULSEやSECHT、A WASTE OF TALENT、WORLD DESTROYER、元DEEP-PRESSIONで、元DEATHCULT、元NEETZACH、元SECTUMSEMPRA等のVrangsinn氏によるノルウェーのブラックメタルバンド、2001年の3rdフルアルバム。(A WASTE OF TALENTのMotorsen氏がサックスで2曲、Nina Hex氏が女性ヴォーカルで1曲、HATEPULSEやWORLD DESTROYERのE.Kulde氏がバッキングヴォーカルで2曲、C.Alucard氏がスピーチで1曲参加!!)

地獄の釜の如く闇黒的イントロで幕を開ける楽曲は、裏打ち/ブラストでの疾走やミドル/スローテンポ等織り交ぜて緩急付けて展開してゆくrawでオールドスクールなドラムに、ベンベンガリガリと低音を効かせるベース、ジージャーと汚らしく歪んだギターが疾走感満点の寒々しいリフやスラッシーなオールドスクールリフを奏で、Nattefrost氏の邪悪なヴォーカルがガナる!!前作2ndフルアルバムと全くの同路線の、ノリノリでキャッチーなオールドスクールブラックメタルを展開しており、しかし、圧倒的なまでの変態的尾籠世界観が前作よりも薄れて、且つ少し籠り気味のrawな音質も相まって楽曲からロックンロール的キャッチーさとノリノリの勢いが削がれ、前作よりも僅かに大人しくなってしまった印象を受ける、個人的には前作程の奇跡的完成度を感じない一枚ではあるが、今作でもやはり、スラッシュメタル的ノリノリのオールドスクールな楽曲と実にNordavind氏らしい暗く如何わしい頽廃的な楽曲、そして非メタルサウンドによる妖しく怪しげな楽曲を織り交ぜたその作品世界観は実に尾籠で素晴らしく、何と言っても、無理矢理なまでに強引且つ多彩に展開してゆく面白い楽曲の構成や、オールドスクールスラッシーなノリと寒々しさに満ち溢れた古参の貫禄すら漂う楽曲が非常に格好良く、前作が好みであれば今作も確実に気に入るであろうCARPATHIAN FOREST節が炸裂する逸品に仕上がっている、格好良過ぎるMAYHEMカヴァー1曲含む12曲46分!!!!実に格好良し!!!!


weregoingtohellforthis
We're Going To Hell For This
- Over A Decade Of Perversions
NATTEFROSTやENTHRONE、THE CHILDMOLESTERS、GRIMM、KREFT、WORLD DESTROYER、そして元BLOODLINEのHellcommander Nattefrost氏、HATEPULSEやSECHT、A WASTE OF TALENT、WORLD DESTROYER、元DEEP-PRESSIONで、元DEATHCULT、元NEETZACH、元SECTUMSEMPRA等のVrangsinn氏、GREEN CARNATIONやTHE 3rd ATTEMPT、元EMPERORで、元BLOOD RED THRONEのTchort氏、そしてIN THE WOODS...やCHAIN COLLECTOR、NEONGOD、SVARTELDER、元GREEN CARNATIONで、元BLOOD RED THRONE、元ARVAS、元SCARIOTで、元DEN SAAKALDTE等のKobro氏によるノルウェーのブラックメタルバンド、新曲等5曲と、DISCHARGEカヴァー1曲、DARKTHRONEカヴァー1曲、VENOMカヴァー1曲、そして2001年10月のスイスでのライヴ音源を7曲と、2002年3月のノルウェーでのライヴ音源2曲、更に96年のデモ音源からの1曲を収録した、2002年のアルバム。(CHAIN COLLECTORやTHE 3rd ATTEMPT、OPUS FORGOTTEN、APOSTASY、PANTACULUM、元NEONGODのBloodpervertor氏がバッキングヴォーカルで、A WASTE OF TALENTのMotorsen氏がテナーサックスで、Glenn Heino Fitzpatrick氏がバッキングヴォーカルやギターで、そしてBrainwashed Christian Cunt氏が女性ヴォーカルで参加!!)

裏打ちやブラストでの気持ち良いオールドスクールな疾走を軸にミドルテンポ等絡めて緩急付けて展開してゆく硬くしっかりとしたドラムに、程良い低音を効かせるベース、ジャージャリと歪んだ寒々しいギターがストレートなブラックメタルリフやスラッシーなオールドスクールリフを奏で、Nattefrost氏の邪悪なヴォーカルがガナる!!過去の作風を踏襲しつつも、より単純明快で解り易くキャッチーでストレートなオールドスクールブラックメタルを展開しており、何と言っても、オーソドックス極まりなく何の捻りも無いがそれ故に絶妙で覚え易い楽曲の展開や構成、そしてキャッチーなヴォーカルの歌い回しが頗る格好良く、音の輪郭が比較的はっきりとした硬くしっかりとしたプリミティヴな音質も相まって、過去の作風が好みであれば勿論の事、ストレートでオーソドックスな古臭いブラックメタルが好みであれば是非ともお勧めの逸品に仕上がっている!!!一方のライヴ音源は、ライヴの生の熱を宿しながらも重低音の効いたしっかりとした音質と成っており、ライヴ音源として非常に高品質で実に格好良い!!!そして今作でも「The Good Old Enema Treatment Part II」(笑)というそのタイトル通りの、スカトロと思われるSEとハレルヤの賛美歌が織り成すギャグなのか本気なのか判らない1曲含む、且つ、ラストはデモ音源の最後にシークレットトラックで「どうせポルノかスカトロだろう(笑)」と言いたくなるSE含む18曲71分!!!!マニア向けの音源ではあるが、CARPATHIAN FORESTファンや糞尿的変態黒金属が好みであれば必携の一枚!!!Let's go to HELL!!!!


defendingthethroneofevil
Defending The Throne Of Evil
NATTEFROSTやENTHRONE、THE CHILDMOLESTERS、GRIMM、KREFT、WORLD DESTROYER、そして元BLOODLINEのNattefrost氏、HATEPULSEやSECHT、A WASTE OF TALENT、WORLD DESTROYER、そして元DEEP-PRESSIONで、元DEATHCULT、元NEETZACHで、元SECTUMSEMPRA等のVrangsinn氏、IN THE WOODS...やCHAIN COLLECTOR、NEONGOD、SVARTELDER、元GREEN CARNATIONで、元BLOOD RED THRONE、元ARVAS、元SCARIOTで、元DEN SAAKALDTE等のKobro氏、そしてGREEN CARNATIONやTHE 3rd ATTEMPT、元EMPERORで、元BLOOD RED THRONEのTchort氏によるノルウェーのブラックメタルバンド、2003年の名盤4thフルアルバム。(A WASTE OF TALENTのArvid Motorsen氏がテナーサックスで参加!!)

ブラスト/裏打ちでの疾走やミドルテンポ等絡めて緩急付けて展開してゆく重くしっかりとしたドラムに、重低音を効かせるヘヴィなベース、ジャージャリと歪んだギターが寒々しくオーソドックスなブラックメタルリフやオールドスクールなリフを奏で、纏わり付く怨念の様な冷たく邪悪神秘的なkey、そしてNattefrost氏の邪悪なヴォーカルがガナる!!過去作品のオーソドックスでオールドスクールな作風を踏襲しつつも汚物的で如何わしい尾籠な要素は霧散し、咆える怨念の如く邪悪なkey(コーラス?)や冷たく神秘的なkeyを絡めて大きく垢抜けた印象を受ける、オールドスクールでシンフォニックなブラックメタルを展開!!!重低音が響くしっかりとしたヘヴィな音質や、スカトロ等の下品で変態的な要素が失くなった事も相まって、お上品なブラックメタルマニアやオーヴァーグランドなブラックメタルファンにも胸を張って十分にお勧め出来る逸品に仕上がっており、何と言っても、リリースから十数年の歳月を経て再び聴いた今でも未だ歌詞を覚えていて思わず一緒に歌ってしまう程に記憶に残るキャッチーな歌詞やヴォーカルの歌い回し、そしてヴォーカリストとしてのNattefrost氏の抜群のセンスが非常に素晴らしく、邪悪で禍々しく不道徳で如何わしいブラックメタルとしての魅力を存分に解き放つキャッチーなリフ捌きや楽曲の展開/構成も正しく絶妙で、更には、「The Old House On The Hill」という正にそのタイトル通りの不思議なホラー色溢れ出す非メタルの名曲も絡めて独特の世界観を確立しており、最早、CARPATHIAN FORESTの最高傑作と言っても決して過言では無い名盤と成っている!!!!!これは最早、オールドスクールブラックメタルの究極系とでも言うべき至高の完成度で織り成す、荘厳邪悪なるBLACK METAL HELL COMMANDO、12曲51分!!!!!!邪悪格好良いにも程がある!!!!!!素晴らしいにも程がある!!!!!!

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTMYSTIUM
  • MORTE INCANDESCENTE
  • MORTE INCANDESCENTE
  • MORTE INCANDESCENTE
  • CARPATHIAN FOREST
  • CARPATHIAN FOREST
  • CARPATHIAN FOREST
  • CARPATHIAN FOREST
  • CARPATHIAN FOREST
  • CARPATHIAN FOREST
  • CARPATHIAN FOREST
  • KRIEG
  • KRIEG
  • KRIEG
  • KRIEG
  • KRIEG
  • KRIEG
  • KRIEG
  • KRIEG
  • BLESSED IN SIN
  • BLESSED IN SIN
  • BLESSED IN SIN
  • STRIBORG
  • STRIBORG
  • STRIBORG
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ