主に、ブラックメタルとサウンドトラックのレヴューをしています。 音源購入の際の参考になれば幸いです。
graven
Graven
APOLLYONや、元STRYCHNOSのNortt氏一人によるデンマークのブラック/フューネラルドゥームメタル、99年のデモの、Total Holocaust RecordsからのCD化再発盤。

神秘的なる悲の光に包まれるかの様なイントロで幕を開ける楽曲は、死者を弔う葬儀の列が墓場へと進んでゆくかの如くスローテンポでゆっくりと展開してゆくrawなドラムに、暗き低音を仄かに効かせるベース、ジージャーと歪んだギターが死者の魂を黄泉へと送る破滅と悲しみのリフを奏で、死と絶望に彩られた美しき悲哀の旋律を奏でるピアノと、死を美しく神秘的なヴェールで被うかの様に薄らと要所に纏わり付くkey、そして暗き死の世界から木霊するかの様な邪悪なヴォーカルが悲しみと絶望の念を纏って地の底で低く唸りガナる!!希望の光等は一切存在しない、最早、死の世界へと旅立つしか道は残されていない、完全なる死のメタルを展開しており、何と言っても、ギターとピアノが奏でる深い悲しみに満ちた美しいまでの喪の旋律が非常に素晴らしく、絶望的なデプレッシヴブラックメタルや悲しみのフューネラルドゥームメタルが好みであれば絶対的にお勧めの逸品に仕上がっている!!!!美しき死の瘴気が滲み出す、この、悲しみと破滅と絶望と頽廃の美が織り成す音像に、鬱の黒き破滅金属の魂は蕩け、その暗き深淵の世界へと誘われるであろう、至高の地下鬱黒金属芸術を構築する、ラストはイントロと同様の神秘的なる悲の光に包まれて幕を閉じる6曲41分!!!!これがPure Depressive Black Funeral Doom Metal!!!!実に素晴らしい!!!!


gudsforladt
Gudsforladt
APOLLYONや、元STRYCHNOSのNortt氏一人によるデンマークのブラック/フューネラルドゥームメタル、2003年の1stフルアルバムに、ボーナストラックを1曲追加してのCyclone Empireからの再発盤。

雷雨と鐘の音、そして悲壮感に満ちたkeyによる破滅的なイントロで幕を開ける楽曲は、己の石棺を引き摺るかの様な重苦しいスローテンポでゆっくりと展開してゆくドラムに、暗黒の低音を効かせるベース、ジャーシャーと歪んだギターが死者の世界から滲み出たかの様な死の瘴気に満ち溢れた闇黒破滅リフを奏で、死を美しく荘厳に彩る頽廃神秘的なkeyや、悲しみと絶望の旋律を奏でるピアノ、そして地の底から響いて来るかの様な怨念を纏った邪悪なヴォーカルが低く呻き唸る!!ひたすら死と絶望しか紡ぎ出さない、一縷の希望の光も見い出せない葬送のメタルを展開しており、何と言っても、これでもかと悲の琴線を刺激する悲しみに満ち満ちたピアノの旋律と絶望的でありながらも荘厳神秘的な世界観を齎すkeyに装飾された鬱の音像が非常に素晴らしく、デプレッシヴなブラックメタルや悲しみのフューネラルドゥームメタルが好みであれば絶対的にお勧めの逸品に仕上がっている!!!!聴いていて心に何の希望も生まれない、この、徹底した深い悲しみと絶望と死の葬儀的世界観は本当に凄い!!!まるで死者の国から響いて来るかの様にひたすら暗く鬱屈した、美しいまでの死と暗黒の頽廃的鬱芸術を構築する傑作、11曲56分!!!!これがPure Depressive Black Funeral Dooom Metal!!!!実に素晴らしい!!!!


hedengang
Hedengang / A Curse For The Lifeless
APOLLYONや、元STRYCHNOSのNortt氏一人によるデンマークのフューネラルドゥームメタル、NORTT。
MORDやSICK、元TWILIGHT等のMalefic氏一人によるアメリカのブラックメタル、XASTHUR。
両バンドによる2004年のスプリットアルバム、7曲37分!!

NORTTは、2002年のEP「Hedengang」を収録!!絶望と悲嘆を背負って重くゆっくりと歩いて行くかの様なひたすらスローテンポで展開してゆくrawなドラムに、破滅的な低音を効かせるrawなベース、ジーシャーと歪んだギターが死の嘆きと悲しみに深く沈んだ葬送リフを奏で、哀惜の旋律を坦々と奏でるピアノ、そして墓下から響き渡るかの様な邪悪なヴォーカルが低く唸りガナる!!過去作品と何も変わらぬ、死者の魂を嘆きの深淵へと葬る葬送のフューネラルドゥームメタルを展開しており、何と言っても、破滅的な死のリフとひたすら坦々と悲嘆の感情を刺激し続けるピアノの旋律が相まって紡ぎ出される辛気臭い葬送の音像が非常に秀逸で、過去の作風が好みであれば本作も絶対的にお勧めの4曲!!!素晴らしい!!!

XASTHURは、陰鬱なミドル/スローテンポ主体でゆっくりと展開してゆくXASTHURらしいドラムに、ジャージャワと温かささえ感じられる様な空間的に歪んだギターが何処か不協和音的でひたすら暗く悲しげな不穏リフを奏でる!!ヴォーカル無しのインストルメンタル作品ではあるが過去の作風と何も変わらぬ実にXASTHURらしい楽曲を展開しており、相変わらず他の音源でも聴く事が出来る楽曲も含まれていてXASTHURマニア以外には強くお勧めする事は出来ないが、何と言っても、この、優しき絶望がゆっくりと五臓六腑に染み渡る暗き陰鬱の悪夢的世界観はやはり非常に素晴らしく、例えXASTHURマニアでなくとも絶対的に買って損はしないであろう、鬱の琴線が蕩けそうな程に良質な逸品に仕上がっている3曲!!!!実に素晴らしい!!!!


ligfaerd
Ligfaerd
APOLLYONや、元STRYCHNOSのNortt氏一人によるデンマークのブラック/フューネラルドゥームメタル、2005年の2ndフルアルバム。

光が一切届かぬ墓の下の世界の様な冷たく静謐なるダークアンビエントで幕を開ける楽曲は、闇の中を己の石棺を引き摺って歩くかの様に重苦しい激スローテンポでゆっくりと展開してゆくドラムに、闇黒の低音を響かせるベース、ジージャーと歪んだギターが闇黒頽廃的な破滅のリフを奏で、夜の墓場の闇の如く霞んだ冷ややかな瘴気を解き放つ闇神秘的なkey、そして邪悪なヴォーカルが夜の闇の深淵から木霊するかの様に低く呻き唸る!!悲の琴線に触れる美しいまでの絶望の旋律に彩られていた過去の作風を僅かに踏襲しつつも本作では、最早、悲しみも絶望も何も無い、ただ死の闇が広がるだけの、完全なる闇のフューネラルドゥームメタルを展開しており、過去の作品でも希望の光等一切存在しなかったが本作の闇具合は過去の作品を大きく凌駕して、これはまるで光無きモノクロの死の世界を彷徨う亡者の音像!!!!何と言っても、冷たく神秘的で静謐なるダークアンビエント要素を孕んだ墓場の夜闇の如く黒き世界観が非常に素晴らしく、その死の静寂を彷彿させる黒く破滅的なサウンドに、神に見捨てられた者の鬱の精神が蕩けて魂が霧散してゆく、暗き闇音楽の傑作に仕上がっている!!!!過去の作品が好みであったならば勿論の事、神秘的なまでに暗く黒い虚空の死のメタルが好みであれば必聴の6曲45分!!!!この世界観は尋常では無い!!!!実に素晴らしい!!!!!


galgenfrist
Galgenfrist
APOLLYONや、元STRYCHNOSのNortt氏一人によるデンマークのブラック/フューネラルドゥームメタル、2007年の3rdフルアルバム。

虚無の夜の森の冷たく静謐なる空気が滲み出すかの様なダークアンビエントで幕を開ける楽曲は、闇が脈動するかの様な激スローテンポで反響を伴ってゆっくりと打ち出される重きドラムに、黒き重低音を響かせるベース、ジャージャワと程良く歪んだギターが闇黒頽廃的な破滅のリフを奏で、夜の墓場の冷たく神秘的な空気を不穏に解き放つダークアンビエント調のkeyや、意識下で死と絶望が溶け合うかの様な旋律を奏でる霞んだピアノ、そして闇の深淵から木霊する邪悪なヴォーカルが低く呻き唸る!!前作2ndフルアルバムよりもギターの歪んだノイズが軽減されて且つアンビエント要素がより色濃く反映されているが、基本的には前作と全くの同路線の、神秘的なまでに暗く黒く頽廃的なフューネラルドゥームメタルを展開しており、前作が好みであったならば本作も間違い無くお勧めの、より暗く静かで闇黒破滅的な、死の虚空と闇の静寂のみが広がる至高の逸品に仕上がっている!!!何と言っても、まるで亡者が絶望も悲しみも憎しみも凌駕した虚無の境地で夜闇の森を彷徨うかの様な、完全で完璧なる闇黒の音像がやはり非常に素晴らしく、その、死と闇と静寂が溶け合い奏でる安息なる葬の音に鬱の魂が蕩けて心が霧散する、最早、安心品質と言える一級品の黒きフューネラルドゥームアートを構築する7曲47分!!!!実に素晴らしい!!!!

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • MOONBLOOD
  • MOONBLOOD
  • MOONBLOOD
  • MOONBLOOD
  • MOONBLOOD
  • MOONBLOOD
  • SHINING
  • SHINING
  • SHINING
  • LUROR
  • NEX
  • NEGATIVE PLANE
  • NEGATIVE PLANE
  • NORTT
  • NORTT
  • NORTT
  • NORTT
  • NORTT
  • GORGOROTH
  • GORGOROTH
  • GORGOROTH
  • GORGOROTH
  • GORGOROTH
  • GORGOROTH
  • GORGOROTH
  • GORGOROTH
  • GORGOROTH
  • GORGOROTH
  • DARVULIA
  • DARVULIA
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ