主に、ブラックメタルとサウンドトラックのレヴューをしています。 音源購入の際の参考になれば幸いです。
idunawy
Иду На Вы!
UNGERNやBURSHTYN、СОКИРА ПЕРУНАのИ.З.В.Е.Р.Г.氏、Истукан氏、Ингвар氏、ANTHRO HALAUSTやBURSHTYNのВсзсвит氏、そしてКвiта Княже氏によるウクライナのブラックメタルバンド、2002年の名盤1stフルアルバムの、Battlelord Productionsからの再発盤。(SUPPURATIONや、元NOKTURNAL MORTUM等のSataroth氏がゲストヴォーカルで1曲、Кєіма Княже氏とA.Furmanova氏が女性ヴォーカルで参加!!)

ズダダダダダダダダダダダダダダダ・・・とファストな剛速ブラストや裏打ち等での疾走を軸にミドルテンポ等絡めて緩急付けて多彩に展開してゆく重く力強く荒々しく生々しいドラムに、rawな低音を轟かせるベース、ジージャリビャリビャリと粗く歪んだノイジーなギターが実にウクライナらしい哀愁と勇壮のメロディックリフやブルータルなまでのアグレッシヴリフを奏で、冷たく美しいkeyが実にウクライナらしくアルバム全体をドラマティックに装飾し、実にウクライナらしい邪悪なヴォーカルが熱く本気でガナる!!90年代後期のNOKTURNAL MORTUM辺りを彷彿させるウクライナ然としたファストでドラマティックなシンフォニックブラックメタルを展開しており、何と言っても、緩急付けて派手に目まぐるしく且つ怒涛の疾走力を伴って展開してゆく重く荒々しきドラムと、勇壮なる哀愁旋律と残虐なる攻撃的リフを奏でるノイジーなギター、そして民族的な要素を纏った冷たく美しいkeyが渾然一体と成って押し寄せる疾風怒濤のペイガン的音像が凄まじく、更に、絶妙に緩急を付けた劇的な楽曲の展開や構成も非常に素晴らしく、粗く荒々しく騒々しいヘヴィな音質も相まって、凄惨なまでにブルータルで仰々しいまでに美しくドラマティックな、全てのウクライナブラックメタルマニアが思わず「スラァヴァア!」と呼応してしまうであろう必聴盤にして悶絶必至の名盤に仕上がっている!!!!!これは強烈だ!!!ブルータル&ファストな獅子奮迅の攻撃性とペイガン色に彩られた荘厳美麗なるドラマ性が織り成す一級品のスラヴブラックメタルアート、7曲54分!!!!!すらばしい、いや、素晴らしいにも程がある!!!!!!


rusponadvse
Русь Понад Усе!
UNGERNやBURSHTYN、СОКИРА ПЕРУНАのИ.З.В.Е.Р.Г.氏、Истукан氏、Квита Княже氏、そしてANTHRO HALAUSTやBURSHTYNのВсзсвит氏によるウクライナのブラックメタルバンド、2003年の2ndフルアルバム。(V. Konev氏がゲストヴォーカルで1曲参加!!)

オールドスクールなミドルテンポを軸に裏打ち等での疾走を絡めて展開してゆくrawなドラムに、ブリブリと適度に重くrawな低音を効かせるベース、ジージージャミジャミと歪んだギターがジージキジャキジャキと刻みを交えたスラッシュリフを奏で、実にウクライナらしい邪悪なヴォーカルが熱く生々しくガナる!!ズンズルジキジャキと刻みリフを多用したギターやミドルテンポを主としたオールドスクールなドラム等によるスラッシュメタル色の濃いブラックメタルを展開しており、前作1stフルアルバムの様なブルータルでアグレッシヴなシンフォニックブラックメタルを期待して聴くと拍子抜けも甚だしく残念極まりない印象を受けると思われるが、しかし、何と言っても、その地味でオールドスクールな楽曲が非常に渋く格好良く、時折絶妙に絡み付くドラマ性を高める冷たくシンフォニックなkeyや適度に重く力強くrawな音質も相まって、衝撃度は薄いが地味にじわじわと渋味が五臓六腑に染み渡る、地味ではあるが職人気質で硬派なオールドスクールメタルサウンドを構築!!!!楽曲のクライマックス感に満ちた高速2バス連打を絡めた疾走パート等は鳥肌級の格好良さであり、実にEastside界隈らしいNS/ペイガン色も豊かで、この界隈の世界観が好みであれば勿論の事、職人技的な渋みに満ちたオールドスクールブラック/スラッシュメタルが好みであれば是非ともお勧めの逸品に仕上がっている8曲39分!!!!実に格好良し!!!!


mertvysoromuneimut
Мертвi Сорому Не Ймуть
UNGERNやBURSHTYN、СОКИРА ПЕРУНАのИ.З.В.Е.Р.Г.氏、Истукан氏、ANTHRO HALAUSTやBURSHTYNのВсзсвит氏、そしてКвита Княже氏によるウクライナのブラックメタルバンド、2010年の3rdフルアルバム。

時折トカトカとブラストでの疾走を絡めつつもヘヴィなミドル/スローテンポ主体でゆっくりと展開してゆく適度にraw且つ重くしっかりとしたドラムに、重低音を効かせるヘヴィなベース、ジャージャリギャリジャリと歪んだギターがズンズンジャキジャキと刻みを交えたスラッシュリフや仄かにペイガン風味のオールドスクールなメロディックリフを奏で、ドラマ性と荘厳さを醸し出す冷たく神秘的なkeyが要所で効果的に絡み、実にウクライナらしい熱く邪悪なヴォーカルが生々しくガナる!!前作2ndフルアルバムと基本的には同路線の、刻みリフを多用したブラック/スラッシュメタルを展開しているが、前作よりもミドル/スローパートが大増量し、より重くなった音質も相まって、よりヘヴィな作風に進化しており、より地味で坦々とした印象のオールドスクールブラック/スラッシュメタルサウンドを構築!!!しかし、何と言っても、その地味で坦々としたサウンドの中で仄かに光る玄人向けの渋い楽曲の展開や構成、リフ、そしてkeyによる絶妙な装飾が実に見事であり、一聴すると退屈ではあるが噛めば噛む程に旨みが出てくる頗る渋い逸品に仕上がっている!!!!この渋さは堪らない!!!!職人技的なまでの渋みと格好良さで紡ぎ出す、LUCIFUGUMのBal-a-Myth氏とBlazeBirth hallのUlv Gegner Irminson氏、そしてRUNES OF DIANCEHTのAydus氏へと捧げる7曲46分!!!!実に格好良し!!!!!

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • CARPATHIAN FOREST
  • CARPATHIAN FOREST
  • CARPATHIAN FOREST
  • CARPATHIAN FOREST
  • CARPATHIAN FOREST
  • CARPATHIAN FOREST
  • SOMBRES FORÊTS
  • SIEGHETNAR
  • SIEGHETNAR
  • SIEGHETNAR
  • SIEGHETNAR
  • A FOREST OF STARS
  • A FOREST OF STARS
  • A FOREST OF STARS
  • A FOREST OF STARS
  • NAV'
  • NAV'
  • NARGAROTH
  • NARGAROTH
  • NARGAROTH
  • NARGAROTH
  • NARGAROTH
  • NARGAROTH
  • MERRIMACK
  • MERRIMACK
  • MERRIMACK
  • MERRIMACK
  • DUB BUK
  • DUB BUK
  • DUB BUK
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ