主に、ブラックメタルとサウンドトラックのレヴューをしています。 音源購入の際の参考になれば幸いです。
reignofthemaliciousnachtmystium
Reign Of The Malicious + Nachtmystium
アメリカのブラックメタルバンド。HATE MEDITATIONや、元TWILIGHTで、元KRIEG、元DRUG HONKEY、元EZURATEで、元HELMS DEEPのAzentrius氏と、LETHAL SHOCKやKOMMANDANT、HVELVENGEL AV HELVETE、THE CRAZIES、OTHENDARA、VIRGIN KILLERS、TRIST VINTRY VANDRE、HELMS DEEP、そして元BLOOD OF THE WOLFで、元EZURATEのNoctis氏による2002年の1stフルアルバム「Reign Of The Malicious」と、UNHOLY TRINITYやZALNIKのZmij氏、Azentrius氏、AVICHIやLORD MANTIS、UNHOLY TRINITY、NIGHT ON ARMONのAamonael氏、そしてCULT OF DAATHやALIOTH、元SUPERCHRISTで、元KRIEGのWargoat Obscurum氏による2003年のミニアルバム「Nachtmystium」をカップリングした、2004年のアルバム、14曲63分!!

「Reign Of The Malicious」は、不吉で暗黒神秘的なイントロで幕を開け、ドカドカガシャガシャとブラストでの荒々しい疾走を軸に陰鬱なミドル/スローテンポ等絡めて展開してゆく生々し過ぎるボロボロのぽんこつプリミティヴなドラムに、ジャージャリキリキリと汚く歪んだチープで劣悪プリミティヴなギターが物悲しいメロディックリフや荘厳なまでの寒々しいリフを奏で、凄まじいアンダーグランド臭を解き放つ邪悪なヴォーカルが腐臭と死臭を纏って汚く生々しく喚き散らす!!まるで黴臭くボロボロの廃屋か地下室でレコーディングしたかの様な凄まじいアンダーグランド臭を撒き散らすボロボロでぽんこつネクロな音質や粗く荒々しくボロボロの演奏による、アンダーグランドを極めた地下黒金属サウンドを展開しており、何と言っても、死臭に満ちた汚く劣悪なそのサウンドの中でキラリと光る荘厳で寒々しい若しくは物悲しくメランコリックなブラックメタルリフが非常に秀逸で、VLAD TEPES辺りのぽんこつネクロな劣悪音質にも耐え得る奇特な耳をお持ちの地下黒金属酔狂であれば狂喜するであろう、至高の究極的アンダーグランドブラックメタルサウンドを構築!!!!暗く物悲しくメランコリックな旋律/寒々しき荘厳リフと、腐乱死体の如く汚く朽ちた音質が織り成す、完全にアンダーグランドブラックメタルマニア専用のこの極上の地下音像は本当に凄い!!!BURZUMカヴァー1曲と、Zmij氏、Azentrius氏、MMK氏、そしてKOMMANDANTやDEMONIC CHRIST、ENFORSAKEN、EMPYREUS、VARAHA、EVENING SHROUD、元VENEFICUMで、元BLOOD COVEN、元UNSOLEMNのGrave氏による2001年11月のアメリカでのライヴ音源1曲含む、劣悪過ぎるにも程がある至上の地下黒金属芸術を堪能する事が出来る8曲!!!!実に秀逸!!!!

「Nachtmystium」は、メランコリックなミドル/スローテンポやファストなブラスト/裏打ちでの疾走を絡めて展開してゆくrawでプリミティヴなドラムに、ジャーシャーと歪んだチープでプリミティヴな薄っぺらいギターがメランコリックなメロディックリフや疾走感満点の寒々しいリフを奏で、割れ歪んだ邪悪なヴォーカルが喚く!!1stフルアルバムよりも音質/演奏共にレヴェルアップして安定しつつも未だアンダーグランド臭は全く失せていないrawなプリミティヴブラックメタルを展開!!!後期JUDAS ISCARIOT辺りを彷彿させるファストで寒々しいストレートなブラックメタルと陰鬱で物悲しくメランコリックなブラックメタルの二種類の作風を織り交ぜた一枚に仕上がっており、双方共に、アンダーグランドなプリミティヴブラックメタルとしてキラリと光る要素を持っている、プリミティヴブラックメタルマニアには是非ともお勧めの、JUDAS ISCARIOTカヴァー1曲含む6曲!!!秀逸!!!


demise
Demise
HATE MEDITATIONや、元TWILIGHTで、元KRIEG、元DRUG HONKEY、元EZURATEで、元HELMS DEEPのAzentrius氏と、CULT OF DAATHやALIOTH、元SUPERCHRISTで、元KRIEGのWargoat Obscurum氏によるアメリカのブラックメタルバンド、2004年の2ndフルアルバムのBattle Kommand Recordsからの再発盤。(DAWNBRINGERやSUPERCHRIST、PHARAOH、HIGH SPIRITS、AKTOR、そしてMETALUSAFERのC. Black氏がセッションベースで3曲、Gazulmaug氏がセッションベースで2曲、そしてLuedke氏がイントロで、S.M.J.氏とA.R.氏がアウトロで参加!!)

まるでボロボロに朽廃した廃屋から何かがゆっくりと近付いて来るかの様な不気味なイントロで幕を開ける楽曲は、陰鬱なミドル/スローテンポを軸に時折ブラストでの気持ち良い疾走を絡めて展開してゆくrawでプリミティヴなドラムに、チリチリシャーシャーと歪んだ薄っぺらでチープなギターが陰鬱で物悲しくメランコリックなメロディックリフや疾走感のある寒々しいリフを奏で、邪悪なヴォーカルが夜の森の奥で独り孤独感と悲愴感漂わせて感情的に叫ぶ!!前作EP「Nachtmystium」の路線を踏襲したメランコリックな陰鬱ブラックメタルを展開しており、BURZUMに影響を受けつつもその陰鬱の系譜を独自のメランコリックサウンドで調理したかの様な作風が非常に素晴らしく、何と言っても、悲しみに深く沈み込む様な物悲しい陰鬱リフと、それに絡み付いてこれでもかと涙腺を刺激する悲しみのギターソロ/旋律が堪らなく秀逸で、薄っぺらくペラペラのぽんこつプリミティヴな生々しい音質や演奏も相まって、アンダーグランドな鬱系ブラックメタルマニアは悶絶必至の、正に「Demise」の境地へと聴者を導く、死と孤独と悲しみの妙なるデプレッシヴブラックメタルを構築!!!!この、嘆きと悲しみに満ち満ちて死の様に冷たく荒廃した世界観は本当に素晴らしく、アンダーグランドなメランコリックブラックメタルの真髄を体感する事が出来る傑作に仕上がっている珠玉の7曲43分!!!!これは素晴らしい!!!素晴らしいにも程がある!!!!!


eulogyiv
Eulogy IV
HATE MEDITATIONや、元TWILIGHTで、元KRIEG、元DRUG HONKEY、元EZURATEで、元HELMS DEEPのAzentrius氏、DAWNBRINGERやSUPERCHRIST、PHARAOH、HIGH SPIRITS、AKTOR、METALUSAFERのChris Black氏、そしてCULT OF DAATHやALIOTH、元SUPERCHRISTで、元KRIEGのWargoat Obscurum氏によるアメリカのブラックメタルバンド、2004年のミニアルバム。(Fistorius氏がギターソロで2曲ゲスト参加!!)

ブラストや表/裏打ちでの疾走を軸にミドル/スローテンポ等絡めて様々に展開してゆくrawなドラムに、ジャリジャリジージーと歪んだプリミティヴなギターがオーソドックスでアグレッシヴな寒々しいリフや物悲しくメランコリックなリフ、泣きのギターソロ/旋律を奏で、邪悪なヴォーカルが生々しくガナる!!前作2ndフルアルバムのメランコリックな要素を踏襲しつつも、オールドスクールな攻撃性を纏ったオーソドックスな楽曲も織り交ぜて方向性の定まらない、丁度、EP「Nachtmystium」を進化させたかの様な作風を展開しており、何と言っても、ブラックメタルファンの心に響く寒々しくメランコリックなメロディが今作でも非常に素晴らしく、その秀逸なメロディを随所に絡めて絶妙に展開してゆくドラマティックな楽曲の構成も見事で、更に今作では、クリーンで透明感のあるobscureなギターによる泣きのギターソロや薄らとコーラスを要所に絡めて、rawでプリミティヴなサウンドにしては少し斬新な印象を受ける、バンドの新たな方向性も僅かに垣間見せて今後の進化が楽しみな意欲的作品に仕上がっている5曲21分!!!実に秀逸で、且つ非常に興味深い逸品!!!オススメ!!!

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • MYSTIC FOREST
  • SUBVERTIO DEUS
  • DECREPIT SPECTRE
  • TEXHNOLYZE
  • DEATHROW
  • MALEFIC ORDER
  • NEKRIST
  • MOONBLOOD
  • MOONBLOOD
  • MOONBLOOD
  • MOONBLOOD
  • MOONBLOOD
  • XASTHUR
  • XASTHUR
  • XASTHUR
  • XASTHUR
  • XASTHUR
  • XASTHUR
  • XASTHUR
  • XASTHUR
  • XASTHUR
  • XASTHUR
  • KRIEG
  • KRIEG
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ