主に、ブラックメタルとサウンドトラックのレヴューをしています。 音源購入の際の参考になれば幸いです。
verrater
Verrater
LURKER OF CHALICEやTWILIGHT、MARTROD、そして元KRIEGで、元VON GOAT、元HATE MEDITATION等のWrest氏一人によるアメリカのブラックメタル、1998年から2002年の間に制作された音源を収録した2002年のアルバム。

陰鬱な雰囲気を醸し出すミドル/スローテンポや荒々しいブラスト等での攻撃的な疾走を絡めて展開してゆく適度にrawでありながらもしっかりとしたドラムに、暗く陰鬱な低音を効かせるベース、ジャージー/ギャリギャリと歪んだギターがアグレッシヴであろうがメランコリックであろうが常に闇が纏わり付く陰鬱リフを奏で、割れ歪んだ邪悪なヴォーカルがギェグェと呻き喚く!!北欧ブラックメタルに影響を受けたであろうオーソドックスで寒々しいリフを軸に、デス/スラッシュメタル的な刻みをズンズン/ジャキジャキと交えた荒々しく攻撃的なパートやアルペジオ等を絡めた暗く病んだ陰鬱なるミドル/スローパート、そしてクリーンな音色を用いた少し神秘的なエクスペリメンタルパートや一部初期GORGOROTHを大いに彷彿させる楽曲等、様々な手法を伴って決して一本調子では無い多様な表情を見せるが、しかし、それら全てが陰鬱な闇色一色に塗り潰されており、苦痛と憎悪に満ちた病的で厭世的なヴォーカルも相まって、最早緩急等存在しない真っ黒に病んだ陰鬱闇黒世界を構築!!!!クリーンな音色等の複数のエフェクトを用いて且つトレモロのみに頼らずに奏でられるギターや高いセンスとテクニックによって手数も多く多彩に打ち出されるドラム捌き、そして程好く粗くもしっかりとした演奏や音質、更には絶妙な楽曲の展開や構成も影響して、アンダーグランドなブラックメタルにしては非常に高品質且つ少し斬新で個性的なサウンドではあるが、何と言っても、全編を覆い尽くすその闇が尋常では無く、7分前後の長尺の楽曲が並ぶ上に収録時間も異様に長く、しかも2枚組という事で全て聴き終える頃には精神を蝕まれて疲労困憊の、良くも悪くもこれ程の闇を延々2時間以上も聴かされたら堪ったもんじゃない、完全にアンダーグランドメタルマニア専用の、奇特なマニア以外は手出し厳禁、しかしそれ故に、その世界観は一級品で、陰鬱で陰湿な珠玉の闇(病み)の音像に心を蝕まれたい変態には絶対的にお勧めの病盤に仕上がっている10曲74分(Disc 1 - Schadenfreude)+12曲69分(Disc 2 - Krankheit)!!!!!特に(Disc 2)等は未だ少し荒削りな印象は否めないが、それでも尚、この独特の世界観は本当に凄い!!!実に素晴らしい!!!!!


thespeedofdarkness
Live In Eternal Sin / The Speed Of Darkness
WEREWOLFやEXORCISTのWieslaw氏と、同じくWEREWOLFやEXORCISTで、2009年に自殺したGrey Wolf氏によるポーランドのブラックメタルバンド、IUVENES。
LURKER OF CHALICEやTWILIGHT、MARTROD、そして元KRIEGで、元VON GOAT、元HATE MEDITATION等のWrest氏一人によるアメリカのブラックメタル、LEVIATHAN。
両バンドによる2003年のスプリットアルバム、8曲41分!!

IUVENESは、トコトコとブラスト等での粗い疾走やミドルテンポを絡めて展開してゆくチープで無機質なぽんこつドラムに、籠った低音を効かせるベース、ジャワジャリと歪んだオールドスクールなギターがスラッシュメタル寄りの古臭いへっぽこリフを奏で、邪悪なヴォーカルが不道徳にガナる!!オールドスクールなスラッシュメタル要素の濃い古臭いブラックメタルを展開しており、へっぽこオールドスクールなリフやチープで古臭い音質/演奏も相まって完全にアンダーグランドなマニア向けの、へぼオールドスクールメタルサウンドを構築する3曲!!かぁーッ、ペッッ!!!

LEVIATHANは、メランコリックなミドル/スローテンポや荒々しいブラスト等での疾走を絡めて展開してゆく重く力強いドラムに、野太い重低音を轟かせる黒き轟音ベース、ジジャァァァァーと歪んだ凍て付くギターが暗く湿った陰鬱メランコリックリフや心の深淵に秘めたる闇を解放するかの様な攻撃的なリフを奏で、悪意と憎悪と苦痛に満ちたエコーの効きまくった陰湿邪悪なヴォーカルが藻掻き叫ぶ!!暗く陰湿でメランコリックなデプレッシヴ要素と寒々しく攻撃的なファストブラックメタル要素を織り交ぜつつもそのサウンドは陰湿陰鬱なる闇色一色に塗り潰された、光無き深淵の陰鬱ブラックメタルを展開しており、要所で絡む神秘的なまでの闇の光纏ったkeyや、どヘヴィな闇黒の轟音響かせる真っ黒な音質も相まって、過去作品が好みであれば必聴にして、実にアメリカらしい暗く陰湿で陰鬱な地下黒金属が好みであれば絶対的にお勧めの、悍ましき心の闇を体感する事が出来る珠玉の5曲!!!!この世界観は凄過ぎる!!!実に素晴らしい!!!!!


thetenthsublevelofsuicide
The Tenth Sub Level Of Suicide
LURKER OF CHALICEやTWILIGHT、MARTROD、そして元KRIEGで、元VON GOAT、元HATE MEDITATION等のWrest氏一人によるアメリカのブラックメタル、2003年の名盤1stフルアルバム。

暗く神秘的な1分強の短いイントロで幕を開ける楽曲は、ドカドカと荒々しいブラストでの疾走や陰鬱なミドル/スローテンポ等織り交ぜて展開してゆく生々しくもしっかりとしたドラムに、黒く禍々しき低音を効かせるベース、ジージャーと歪んだ凍て付くプリミティヴなギターが闇黒神秘的で不穏なメランコリックリフや寒々しく攻撃的なブラックメタルリフを奏で、悪意と狂気と苦痛感に割れ歪んだ邪悪なヴォーカルが呻き叫ぶ!!暗く陰鬱でメランコリックな要素や攻撃的で破壊的な要素、クリーンな音色のギターや暗黒アンビエントサウンドを用いたエクスペリメンタルで美しいまでの闇神秘的な要素、そして時折オールドスクールであったり不協和音的且つ鬱的な気味の悪さを纏ったりの様々な表情に彩られながらも、その音像は病んだ闇色に塗り潰されて真っ黒で、常時陰鬱で陰湿な闇がねっとりと纏わり付いて最早表情も色彩も何も無い、しかし、手数も多く絶妙なドラムワークも影響して何故か耳に残るリフと展開が非常に秀逸で、闇色一色であるにも関わらず飽きる事無く弛れる事無く聴き通す事が出来る素晴らしき珠玉の逸品に仕上がっており、過去作品の集大成と言っても過言では無い、Wrest氏のセンスに感服せざるを得ない圧巻の完成度を誇る、これはアメリカブラックメタル史に残る名盤であり、何と言っても、苦痛に満ちて狂い病んだ呻き声を上げる邪悪極まりないヴォーカルや要所で絶妙に絡む闇の光の如くkey/アンビエントサウンド、そして程好くrawで荒々しくもしっかりとした演奏や音質も相まって紡ぎ出される闇と病みが織り成す重畳なる闇黒世界観が途轍もなく素晴らしく、病的なまでに真っ黒な地下黒金属が好みであれば虜になる事は間違い無い必聴盤にして、これでもかと闇と不穏が精神を逆撫で侵蝕する歴史的病盤である10曲71分!!!!!!この圧倒的完成度は本当に凄い!!!!!素晴らしいにも程がある!!!!!!


leviathancrebain
Crebain / Leviathan
HORN OF DAGOTHやMOON DARK、GAUDERON DHERGのAncalagon The Black氏一人によるアメリカのブラックメタル、CREBAIN。
LURKER OF CHALICEやTWILIGHT、MARTROD、そして元KRIEGで、元VON GOAT、元HATE MEDITATION等のW氏一人によるアメリカのブラックメタル、LEVIATHAN。
両バンドによる2004年のスプリットアルバム、12曲65分!!

CREBAINは、ブラストやミドル/スローテンポを絡めて展開してゆく無機質なドラムに、低音を効かせるベース、ジャージャリジョワジョワと歪んだギターが攻撃的/オールドスクールなリフや物悲しげなメロディックリフを奏で、ディストーションの効いた邪悪なヴォーカルがキャーシャーと高音で叫ぶ!!ストレートな攻撃性を軸に物悲しさを適度に絡めたオーソドックスなアンダーグランドブラックメタルを展開しており、楽曲の展開やリフの構成等、比較的上手く作られていて決して駄作では無いが、ノイジーではあるがデジタルで明瞭な無機質アンダーグランドな音質からチープさが溢れ出しており、マシン丸出しのデジタルなサウンドでも気にならないアンダーグランドブラックメタルマニア以外は特に聴く必要は無いであろう、残念ながら及第点には届かない、奇特な地下黒金属マニア専用の6曲!!!

LEVIATHANは、ドカドカとブラスト等での荒々しい爆走や不穏なミドル/スローテンポを絡めて展開してゆくrawで力強く手数の多いドラムに、真っ黒な重低音轟かせるヘヴィなベース、ジャワジャリジージーと歪んだギターが黒に塗り潰された寒々しく攻撃的なリフや陰鬱なリフを奏で、ディストーションの効いた厭世的で邪悪なヴォーカルが苦痛と憎悪を滲ませてヒステリックに叫ぶ!!時折クリーンな音色のギターや闇黒アンビエントサウンドを用いた暗く神秘的な旋律を絡めてエクスペリメンタルな、しかしその音像は完全に病的な闇色に塗り潰された、過去の作風を踏襲した実にLEVIATHANらしい楽曲を展開しているが、本作では過去作品よりも攻撃性が増して、よりファストでアグレッシヴに、より荒々しく不道徳に、病んだ闇黒の不穏芸術を構築!!!!これは堪らない!!!厭世的な黒に塗れたrawな轟音音質と粗く荒々しい演奏による、一級品の病的闇黒黒金属を堪能する事が出来る、アンビエント曲1曲とVONカヴァー1曲含む、素晴らしき6曲!!!!この世界観は本当に凄い!!!!LEVIATHANマニアは必聴にして悶絶必至!!!!実に素晴らしい!!!!!


tentaclesofwhorror
Tentacles Of Whorror
LURKER OF CHALICEやTWILIGHT、MARTROD、そして元KRIEGで、元VON GOAT、元HATE MEDITATION等のWrest氏一人によるアメリカのブラックメタル、2004年の名盤2ndフルアルバム。

ドカドカとファストなブラストやミドル/スローテンポ等絡めて展開してゆく手数が多くrawで力強い実にWrest氏らしいドラムに、ブモボモとrawな闇黒重低音を響かせるベース、ジャワジャワジャーシャーと歪んだプリミティヴなギターが闇黒の攻撃的リフや陰湿で陰鬱な病的リフを奏で、割れ歪んだ邪悪なヴォーカルがギャァギャーと高音でヒステリックに狂い叫ぶ!!1stフルアルバムの作風を踏襲しつつもより攻撃的に、前作CREBAINとのスプリットアルバムの路線をそのまま引き継いだ、病んだ闇と攻撃性を兼ね備えたブラックメタルを展開しており、過去作品が好みであれば本作も絶対的にお勧めの逸品であり、何と言っても、基本は北欧ブラックメタルに影響を受けたかの様なオーソドックスなブラックメタルではあるが、北欧ブラックメタルとはベクトルが全く異なる、人間の精神の奥底に眠る暗く黒く歪んだ狂気を纏ったかの様なべったりとして心地の悪い不穏で陰湿で陰鬱な病んだ不快の音像が強烈で、クリーンな音色等の様々なエフェクトを駆使した不穏神秘的なギターや不気味で闇黒神秘的なアンビエント要素を随所に織り交ぜ、そこに更に変拍子を交えた気持ちの悪い楽曲の構成、そしてヒステリックに歪み狂ったヴォーカルも相まって、病的黒金属の傑作にして陰鬱なる黒金属の歴史的名盤に仕上がっている!!!!!この、ブラックメタルらしい寒々しさとrawで野蛮なまでの攻撃性、そして精神が気味悪く歪んだかの様な陰鬱さが絶妙な塩梅で融合した独特のLEVIATHANサウンドは本当に素晴らしく、特に、単純なへっぽこアグレッシヴリフと魂の深部にまで美しき絶望の旋律が響き渡る極上の涙腺刺激リフが織り成す7曲目「Vexed And Vomit Hexed」は名曲で、地下黒金属酔狂は悶絶&感動必至であろう!!!!人間の悍しき精神世界を垣間見せるかの如く、暴力的で、性的で、醜く、グロテスク、しかし芸術的なまでに美しい、陰鬱黒金属の真髄にして、最高峰の地下黒金属陰鬱芸術を構築する12曲72分!!!!!!素晴らしいにも程がある!!!!!!

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Trackback URL

ギャラリー
  • XASTHUR
  • XASTHUR
  • XASTHUR
  • XASTHUR
  • XASTHUR
  • XASTHUR
  • XASTHUR
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • TRIST
  • TRIST
  • TRIST
  • TRIST
  • TRIST
  • INCRIMINATED
  • INCRIMINATED
  • INCRIMINATED
  • INCRIMINATED
  • INCRIMINATED
  • INCRIMINATED
  • TOTALSELFHATRED
  • TOTALSELFHATRED
  • TWILIGHT
  • THE RUINS OF BEVERAST
  • THE STONE
  • THE STONE
  • TORGEIST
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ