主に、ブラックメタルとサウンドトラックのレヴューをしています。 音源購入の際の参考になれば幸いです。
dirgeofdeathssilence
Dirge Of Death's Silence
2005年1月24日に24歳で交通事故死したDageth氏、QUINTA ESSENTIAやFLESHTIZEDのOroan氏、そしてOCTAGONやWORMREICH、ENTRAPMENT、APOCRYPHのProfana氏によるアメリカのブラックメタルバンド、2001年の1stフルアルバム。(Agares氏がセッションギターで参加!!)

ズタタタタタタタ・・・と荒々しく疾走するファストなブラストやミドル/スローテンポ等織り交ぜてドラマティックに展開してゆく手数の多いrawなドラムに、ジャージャーと歪んだ寒々しいギターが初期EMPERORを彷彿させる仄かに物悲しさ纏ったドラマティックで荘厳美麗なメロディックリフを奏で、初期EMPERORを大いに彷彿させる冷たく美しく荘厳なkeyがアルバム全体を劇的に被い、これまた初期EMPERORを彷彿させる邪悪なヴォーカルがギャーギャーと叫ぶ!!初期EMPERORから大いに影響を受けたであろう、冷たく荘厳美麗でドラマティックなファストブラックメタルを展開しており、何と言っても、禍々しく攻撃的でありながらも荘厳でドラマティックな寒々しいリフや劇的な展開で魅せるドラマティックな楽曲の構成、そしてチープではあるがそれ故の神秘的冷たさを解き放つkeyや寒々しく荒々しいプリミティヴな凍て付く音質による初期EMPERORそのまんまの世界観が非常に素晴らしく、初期ノルウェーブラックメタルバンド勢が放っていた禍々しく寒々しい特有の空気を堪能する事が出来る珠玉の逸品に仕上がっている!!!!これはスゴイ!!!これ程までに初期EMPERORの世界観に酷似した作品を世に生み落としたバンドは他に存在しないであろう、それ故に途轍もなくクオリティは高く、「In The Nightside Eclipse」時代のEMPERORが好みであれば勿論の事、90年代のファストでシンフォニックなノルウェーブラックメタルが好みであれば絶対的にお勧めの、実に格好良く、そして実に素晴らしい、EMPEROR万歳のアンダーグランドブラックメタル史に残り続けるであろう鳥肌必至にして感動必至の名盤!!!!!冷たく荘厳美麗且つ邪悪で禍々しい、哀しき夜の幻想が織り成す一級品のブラックメタルアートを構築する7曲51分!!!!!素晴らしいにも程がある!!!!!!


continuanceofevil
Continuance Of Evil
2005年に交通事故死したDageth氏、QUINTA ESSENTIAやFLESHTIZEDのOroan氏、WORMREICHや、元CHAOS INCEPTIONで、元OCTAGONのThorgrin氏、VASILISCK等で、2006年に薬物過剰摂取で死亡したAgathos氏、そしてOCTAGONやWORMREICH、ENTRAPMENT、APOCRYPHのProfana氏によるアメリカのブラックメタルバンド、2004年の2ndフルアルバム。

偉大なる悪魔の召喚儀式の如くオカルト的なイントロで幕を開ける楽曲は、トカトカとブラストでの荒々しい疾走を軸にミドル/スローテンポを絡めてゆっくりと壮大に展開してゆくrawでプリミティヴなドラムに、程好く低音を効かせるベース、ジージャーと歪んだ寒々しいギターが壮大でありながらも怪し気でオカルト的な荘厳リフを奏で、初期EMPEROR辺りを彷彿させる冷たく神秘的なkeyがオカルト色鮮やかにアルバム全体を被い、悪魔崇拝の狂気孕んだ邪悪なヴォーカルがギャーギャーと叫び、熱く語る様にガナる!!前作1stフルアルバムの様な初期EMPEROR万歳な要素が薄れて個人的には少し残念ではあるが、何と言っても、邪悪で攻撃的でありながらも荘厳で壮大な凍て付くリフと冷たく神秘的で仰々しいまでのオカルト色に満ちたkeyによる悪魔崇拝的で魔術的な闇黒邪悪世界観が非常に素晴らしく、90年代北欧ブラックメタルが解き放っていた禍々しさと寒々しさ纏ったプリミティヴな音質、そしてイントロ除く4曲中3曲が10分を越える大作志向でゆっくりと壮大且つドラマティックに展開してゆく巧みな楽曲の構成も相まって、ファストでシンフォニックな大作ブラックメタルが好みであれば必聴の傑作であり、90年代北欧のファストでシンフォニックなアンダーグランドブラックメタルが好みであれば絶対的にお勧めの、ドラマティックで冷たく荘厳神秘的なる黒きオカルトアートを構築する5曲45分!!!!この圧倒的構成力で紡ぎ出される悪魔召喚戯曲は圧巻であり、そして実に素晴らしい!!!!!


blackfaithinquisition
Black Faith Inquisition
OCTAGONやWORMREICH、ENTRAPMENT、APOCRYPHのProfana氏、OBTAINED ENSLAVEMENTやOCTAGON、そして元GORGOROTHのPest氏、WORMREICHや、元CHAOS INCEPTIONで、元OCTAGONのThorgrin氏、QUINTA ESSENTIAやFLESHTIZEDのOroan氏、そして2005年に交通事故死したDageth氏によるアメリカのブラックメタルバンド、2008年の3rdフルアルバム。(THOM MATHEWSや、元QUINTA ESSENTIAのThom Mathews氏がギターソロで1曲参加!!)

怪しく闇黒的で悪魔召喚的なイントロで幕を開ける楽曲は、ブラストやミドル/スローテンポ等織り交ぜてゆっくりと壮大且つドラマティックに展開してゆく適度にrawなドラムに、程好い重低音を効かせるベース、ジャージャーキリキリと程好く歪んだギターが仄かな哀しみを帯びた荘厳で壮大なメロディックリフや寒々しく攻撃的なリフを奏で、荘厳でドラマティックな世界観を際立たせる美しいkeyがアルバム全体を被い、実にブラックメタルらしい邪悪なヴォーカルがPest氏を筆頭にギャーギャーと叫ぶ!!アルバム制作時には既にDageth氏は逝去していた様であるが殆どの楽曲をDageth氏が作曲しており、基本的には過去作品を踏襲した、90年代ノルウェーブラックメタルの真髄とでも言うべき空気溢れるシンフォニックなドラマティックブラックメタルを展開!!!イントロ/アウトロを除いた楽曲の平均は何と10分以上の超大作に仕上がっており、過去作品をより壮大によりドラマティックに、そして程好くrawでありながらも重低音の効いたしっかりとした音質や演奏も相まってよりハイクオリティな作品を構築し、何と言っても、壮大でドラマティックな大作志向の楽曲の構成が実に見事で、冷たくも闇黒荘厳なる空気を解き放つ美麗なるkeyや、時折絡む男性クリーンヴォーカルや格好良く美しい泣きのギターソロ等も伴って、過去作品が好みであれば勿論の事、ドラマティックでシンフォニックな大作ブラックメタルが好みであれば是非ともお勧めの、途轍も無い完成度を誇る闇黒一大戯曲を体感する事が出来る妙々たる8曲71分!!!!超大作過ぎて気軽に聴く事が出来ないのは少々難点ではあるが、実に素晴らしい!!!!

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • NARGAROTH
  • NARGAROTH
  • NARGAROTH
  • SMORZANDO
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTMYSTIUM
  • COVENANT
  • DAMAAR
  • 六弦アリス
  • 六弦アリス
  • 六弦アリス
  • NEFANDUS
  • NEFANDUS
  • FÖRGJORD
  • FÖRGJORD
  • FÖRGJORD
  • FÖRGJORD
  • NECROPLASMA
  • NECROPLASMA
  • NECROPLASMA
  • NECROPLASMA
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ