主に、ブラックメタルとサウンドトラックのレヴューをしています。 音源購入の際の参考になれば幸いです。
scythia
Scythia
DRUDKHやDARK AGES、BLOOD OF KINGU、OLD SILVER KEY、RATTENFANGER、PRECAMBRIAN、そして元PRAGMATIKのRoman Saenko氏によるウクライナのブラックメタルバンド、99年のデモに、2002年録音の「to those who came before us」1曲を追加してのSupernal MusicからのCD化再々発盤。

狼の遠吠えによる不吉なる存在の来訪を予感させるイントロで幕を開ける楽曲は、2バスを絡めたミドルテンポやブラストでの(爆)疾走を交えて展開してゆく冷酷なまでに無機質なドラムに、程好い暗黒的低音を効かせるベース、ジャーシャーと寒々しく歪んだプリミティヴなギターが不穏で不吉な凍て付く暗黒リフを奏で、牙と憎悪を剥き出しの獣の如く邪悪なエフェクトの効いたヴォーカルが咆哮する!!何と言っても、凍て付く様な寒々しさ纏った荒涼とした暗黒リフが素晴らしく、狼の遠吠えや吹き荒ぶ風/雷雨等の怖ろしいまでの大自然的SEを時折挿入し、氷の様に無慈悲で無機質なドラムと相まって紡ぎ出される、これはまるで荒廃と憎悪の黒き森か不吉なる黒雲が押し寄せて来るかの様な、不吉で無慈悲で希望の光等一切存在しない闇黒嵐の到来を体感する事が出来る逸品に仕上がっている!!!!荒廃し荒涼とした慈悲無き暗黒のアンダーグランドカルトなブラックメタルが好みであれば是非ともお勧めの、珠玉のアンダーグランドブラックメタルアート、8曲36分!!!実に素晴らしい!!!!


thecurse
The Curse
DRUDKHやDARK AGES、BLOOD OF KINGU、OLD SILVER KEY、RATTENFANGER、PRECAMBRIAN、そして元PRAGMATIKのRoman Saenko氏によるウクライナのブラックメタル、2000年のデモテープの、Hammer Of Damnationからのテープ再発!

こちらの音源は1stフルアルバム「The Most Ancient Ones」としてリレコーディングされており、詳しくは「The Most Ancient Ones」の方を参照して頂きたいが、さて、リレコーディングとは言っても(デモ)テープ音源らしいアナログでチープなサウンドではあるが音質自体はフルアルバムと然程変わらず、曲順が変わっただけで他に特筆すべき変化も無い同じ音源なので、普通に考えて「The Most Ancient Ones」の方をお勧めすると同時に、奇特なHATE FORESTマニア以外は全く買う必要が無い8曲45分である。これは、イ・ラ・ナ・イ!!


bloodandfireritual
Blood And Fire Ritual
DRUDKHやDARK AGES、BLOOD OF KINGU、OLD SILVER KEY、RATTENFANGER、PRECAMBRIAN、そして元PRAGMATIKのRoman Saenko氏によるウクライナのブラックメタル、2001年のEP「Blood And Fire」と、2001年のEP「Ritual」をカップリングした2001年のミニアルバム。

「Blood And Fire」は、2バスを絡めたミドルテンポ/ブラストでの疾走やミドル/スローテンポを絡めて展開してゆくチープで無機質なドラムに、シャーシャーと歪んだ寒々しくプリミティヴなギターが悲しみを纏った凍て付くリフを奏で、ドスの効いた野獣の如く邪悪なヴォーカルが低く唸り咆える!!過去作品と同路線の単調で寒々しくプリミティヴなアンダーグランドブラックメタルを展開しているが、今作では涙腺刺激の物悲しさ纏ったリフが大変素晴らしく、寒々しくプリミティヴな極北の凍て付く空気と相まって、身も心も凍えんばかりの地下黒金属が好みであれば是非ともお勧めの逸品に仕上がっている2曲!!!一方の「Ritual」は、映画「Begotten」を彷彿させるSEから悪魔召喚的暗黒邪悪なるアンビエント音楽を展開し、続く2曲目も燃る炎と寒々しいギターによるBURZUM辺りを彷彿させるインストルメンタルを展開する、正に「Ritual」な儀式的2曲!!2曲入りEPを2枚カップリングしたミニアルバムという事で収録時間も短く、HATE FORESTマニア向けの音源ではあるが、HATE FORESTマニアは必携にして、悲しき旋律に心が凍り付く寒々しきプリミティヴブラックメタルが好みであれば是非ともお勧めの4曲25分!!!実に素晴らしい!!!


thegates
The Gates
DRUDKHやDARK AGES、BLOOD OF KINGU、OLD SILVER KEY、RATTENFANGER、PRECAMBRIAN、そして元PRAGMATIKのRoman Saenko氏によるウクライナのブラックメタル、2001年のデモの、Miriquidi ProductionsからのCD化再発盤。

軋む扉を開けると其処は、吹き荒ぶ風と燃る炎だけが在り続ける荒涼の世界だった。1曲目は正しくタイトル通りの「Where The Flame Is Eternal」の世界が広がるのみ!風がビュービュー、炎がめらめらばちばち、それが19分もの間延々と続く1曲目に続いて2曲目は、2バスをコトコトコトコトと絡めたミドルテンポで何の展開も無く延々と疾走し続けるチープで無機質なドラムに、シャーシャージージーと歪んだ砂塵の如くチープなギターが荒涼としたリフを大した展開も無く延々と奏でる事、凡そ9分間。その後、心臓の鼓動音がドクドクと5分程鳴り続ける!!・・・こ、これは・・・、これ程までに売る気皆無のアンダーグランド路線を貫いた作風は、ある意味スゴイ!!インストルメンタルアルバムであり、BGMとして聴いたとしても退屈で、且つ、かなりのアンダーグランドブラックメタルマニアですら1度聴けばもう十分であろう、よっぽどのHATE FORESTマニアか若しくは奇特なアンダーグランドブラックメタルマニア以外は微塵も買う必要が無く、買えば損する事は間違い無しの、一見さんお断りにも程がある2曲32分!!!


themostancientones
The Most Ancient Ones
DRUDKHやDARK AGES、BLOOD OF KINGU、OLD SILVER KEY、RATTENFANGER、PRECAMBRIAN、そして元PRAGMATIKのRoman Saenko氏によるウクライナのブラックメタル、2000年の「The Curse」デモをリレコーディングしての2001年の1stフルアルバム。

ペタペタペタペタと2バスを絡めたミドルテンポやブラストでの無感情な疾走を絡めて控えめに展開してゆく無機質なドラムに、ジャワジャワと歪んだギターが不吉なる黒雲が押し寄せるかの様な凍て付く暗黒リフを奏で、野獣の如く邪悪なヴォーカルがドスを効かせて低く唸りガナる!!終始不穏で不吉な黒きリフに塗り潰された暗黒不穏なアンダーグランドブラックメタルを展開しており、嵐を齎す迫り来る黒雲の流れの様に雄大な楽曲の展開や、人の温もりを全く感じさせない無機質で無感情且つ無慈悲で冷酷な音質や演奏も相まって紡ぎ出されるこの世界観は、まるで陽光を遮る不吉なる黒雲に覆われて荒廃し行く世界の様であり、此処に在るのは世界の均衡を揺るがす不安定さと暗澹とした空気に満ちた荒んだ大地のみ!!!それ故に、過去作品の様な涙腺刺激の凍て付く旋律は味わえないが、荒涼とした憎悪の森から溢れ出す憤怒と暗黒の旋律を存分に体感する事が出来る、カルトなアンダーグランドブラックメタルマニアには是非ともお勧めしたい逸品、8曲45分!!!!これがAryan True Black Metal!!!実に素晴らしい!!!!


purity
Purity
DRUDKHやDARK AGES、BLOOD OF KINGU、OLD SILVER KEY、RATTENFANGER、PRECAMBRIAN、そして元PRAGMATIKのRoman Saenko氏によるウクライナのブラックメタル、2003年の2ndフルアルバム。

ズタタタタタタタタタタタタタタタ・・・とファストなブラストを軸にミドル/スローテンポを絡めて控えめに展開してゆく硬くしっかりとした力強いドラムに、重く華麗なる低音を響かせるヘヴィなベース、ジージャーと歪んだ寒々しいギターが荘厳なまでに荒廃した凍て付く暗黒リフやDRUDKH辺りを彷彿させる物悲しい哀愁リフを奏で、野獣の如く野太く邪悪なヴォーカルがドスを効かせて低くガナり咆える!!過去の作風を踏襲した実にHATE FORESTらしい、最早HATE FOREST以外の何者でも無い独特の荒廃した大自然の様な荒涼とした暗黒ブラックメタルを展開しているが、今作では音質が格段にレヴェルアップしており、華やかなまでの暗黒重低音を響かせるベースの効いたヘヴィでパワフルな音質と無慈悲で冷酷でありながらもヘヴィで力強いドラム、そして寒々しくノイジーなギターが奏でる暗黒と哀愁のリフが相まって、貫禄すら漂う暗黒頽廃の黒金属芸術を構築!!!ゆっくりとスローテンポで淋しく物悲しいDRUDKHを彷彿させる荒涼の哀愁パートを怒涛の(爆)疾走主体の楽曲の要所で挟み込んで緩急の付いた楽曲の構成も秀逸で、過去作品が好みであったならば勿論の事、荒涼とした凍て付くファストブラックメタルが好みであれば是非ともお勧めしたい逸品であると同時に、HATE FOREST入門にも適した、HATE FOREST史上最高品質にして最高傑作と言っても決して過言では無い珠玉の7曲44分!!!!Aryan True Black Metalの真髄が此処に在る!!!実に素晴らしい!!!!


battlefields
Battlefields
DRUDKHやDARK AGES、BLOOD OF KINGU、OLD SILVER KEY、RATTENFANGER、PRECAMBRIAN、そして元PRAGMATIKのRoman Saenko氏によるウクライナのブラックメタル、2003年の3rdフルアルバム。

荒涼とした大地に根差した古の人々が歌うかの様なウクライナ民謡で幕を開ける楽曲は、パタパタパタパタと高速2バスを絶妙に絡めたミドル/スローテンポ主体でゆっくりと壮大に展開してゆく無機質なドラムに、程好い暗黒低音を響かせるベース、ジャリジャワと歪んだギターが不吉なる黒雲がゆっくりと押し寄せるかの様に壮大な暗黒荘厳リフを奏で、暗黒荘厳なるkeyが荒涼とした暗き大地を劇的に被い、邪悪なヴォーカルがドスを効かせて低く唸りガナる!!過去作品とは作風が大きく異なり、今作では、陽光を遮る不穏なる黒雲がゆっくりじわじわと世界を覆ってゆくかの様なミドル/スローテンポ主体の仰々しいまでの暗黒荘厳ブラックメタルを展開!!!10分前後の大作志向のブラックメタル曲の間に各々民謡を挟み込みんだ構成のアルバムに仕上がっており、それに伴ってアートワークも民族的な趣に変化し、故に、過去作品を期待して聴くと驚く事は間違い無いが、しかし、何と言っても、この、ゆっくりじわじわと暗黒軍隊が迫り来るかの様な壮大な楽曲による不吉で暗黒荘厳なる世界観が非常に素晴らしく、HATE FORESTファンには勿論の事、民族的でアンダーグランドカルトな暗黒ブラックメタルマニアには是非ともお勧めの、Aryan True Black Metalの傑作を構築する7曲37分!!!!実に素晴らしい!!!!


sorrow
Sorrow
DRUDKHやDARK AGES、BLOOD OF KINGU、OLD SILVER KEY、RATTENFANGER、PRECAMBRIAN、そして元PRAGMATIKのRoman Saenko氏によるウクライナのブラックメタル、2005年の4thフルアルバム。

時折力強く破壊的な表打ちやミドルテンポ等絡めつつもペタタタタタタタタタタタタタタタ・・・とファストなブラストでひたすら冷酷に(爆)疾走し倒す無機質なドラムに、ベンベンガリガリと程好い低音を響かせるベース、ジャージャワと歪んだ寒々しいギターが荒涼とした暗黒リフを奏で、野獣の如く邪悪なヴォーカルがドスを効かせて低く唸り咆える!!異色を放った前作3rdフルアルバムとは異なり、今作ではいつも通りの実にHATE FORESTらしいアンダーグランドカルトでファスト一辺倒な怒涛の極寒ブラックメタルを展開!!何と言っても、芸術的なまでに荒涼とした大自然の凍て付く風景を多数掲載したアートワークと同様の、荘厳なまでに荒廃した凍て付く無慈悲な世界観が相変わらず非常に素晴らしく、最早HATE FOREST以外の何者でも無い独特のサウンド/世界観を構築しており、2ndフルアルバム「Purity」をよりストレートにした感じであろうか、ブシャ!!と始まってブチッ!!と終わる、暗黒荘厳なる極寒頽廃の荒涼芸術を堪能する事が出来る、過去作品が好みであれば今作も問答無用の必聴盤であり、アンダーグランドカルトな荒涼としたファストブラックメタルが好みであれば絶対的にお勧めの7曲31分!!!これがAryan True Black Metal!!!実に素晴らしい!!!!


nietzscheism
Nietzscheism
DRUDKHやDARK AGES、BLOOD OF KINGU、OLD SILVER KEY、RATTENFANGER、PRECAMBRIAN、そして元PRAGMATIKのRoman Saenko氏によるウクライナのブラックメタル、2004年のEP「Resistance」と、2000年のEP「Darkness」、2001年のEP「Blood And Fire」、そして同じく2001年のEP「Ritual」を収録した、2005年のアルバム。

Fortuna Imperatrix Mundi(Carl Orff)で幕を開け、「Resistance」パートは、ペタタタタタタタタタタタタタタタ・・・とファストなブラスト主体で冷酷に疾走し尽くす無機質なドラムに、ベンベンと重低音を響かせるヘヴィなベース、ジージャーと歪んだ寒々しいギターが荒涼とした凍て付く暗黒リフを奏で、野獣の如く邪悪なヴォーカルがドスを効かせて低く唸り咆える!!いつも通りの実にHATE FORESTらしい安心品質の荒涼としたファストブラックメタルを展開しており、「Purity」や「Sorrow」辺りの楽曲が好みであれば絶対的に聴いて損無しの2曲!!「Darkness」パートは、狼の遠吠えで幕を開け、高速2バスを絡めたミドルテンポやドカドカとブラストでの疾走を軸に爆発的な怒涛の高速ブラストを絡めて展開してゆく無機質なドラムに、ジーシャーと歪んだチープでプリミティヴなギターが不穏で不吉な暗黒リフを奏で、憎悪溢れ出す獣の如くエフェクトの効いた邪悪なヴォーカルが低く唸り咆える!!実に初期HATE FORESTらしい楽曲を展開、と言うか、全て「Scythia」に収録されている楽曲であり、「Scythia」を所持していれば奇特なHATE FORESTマニア以外は無理して入手する必要は無い音源ではあるが、実に素晴らしい2曲!!そして、「Blood And Fire」パートと「Ritual」パートは、「Blood & Fire Ritual」と同じ音源なので、「Blood & Fire Ritual」のレヴューを御覧頂きたい4曲!!過去のCD音源を所持していれば実質「Resistance」の2曲以外は他で聴く事が出来るので、よっぽどの奇特なマニア以外は買う必要は無いと思うが、過去のEP音源を所持していないHATE FORESTファンであれば買って損は無いであろう9曲50分!!


templeforest
Temple Forest
DRUDKHやDARK AGES、BLOOD OF KINGU、OLD SILVER KEY、RATTENFANGER、PRECAMBRIAN、そして元PRAGMATIKのRoman Saenko氏によるウクライナのブラックメタル、2007年のデモテープ。

2003年のアルバム「To Twilight Thickets」に、2000年のデモ「The Curse」とのカップリングで収録されていた、2000年にレコーディングされた音源であり、本作ではブラックメタルサウンドは一切収録されておらず、全曲アンビエントミュージックを展開している。Roman Saenko氏によるアンビエント音楽と言えばDARK AGESを連想するが、本作ではDARK AGESの様な中世ヨーロッパ的な雰囲気は無く、中期BURZUMか若しくは初期BURZUMのインストルメンタル辺りを彷彿させる作風であり、雪が降り積もる森閑とした銀世界に独り佇むかの様な淋しく孤独感に満ちた旋律を、チープではあるが神秘的なkeyが各曲で特筆すべき展開も無く坦々と無慈悲に無感情に繰り返し奏でる事によって、聴く者に絶望感すら与える負の癒し芸術を構築!!!静寂に包まれた孤独感と絶望的なまでの喪失感に満ちて自我が儚き雪と共に大気に融け消えてしまい兼ねない虚無の神秘的鬱サウンドを堪能する事が出来る、BURZUM辺りか若しくは鬱アンビエントミュージックが好みであれば是非ともお勧めの8曲33分!!!精神を病んだ状態で聴くとそのまま白銀に埋もれて死んでしまう恐れのある自殺注意の逸品であるが、それ故に実に素晴らしい!!!!


deadbutdreaming
Dead But Dreaming
DRUDKHやDARK AGES、BLOOD OF KINGU、OLD SILVER KEY、RATTENFANGER、PRECAMBRIAN、そして元PRAGMATIKのRoman Saenko氏によるウクライナのブラックメタルバンド、ARKONAカヴァー1曲と、2008年のLEGION OF DOOMとのスプリット音源、未発表曲1曲、そしてBOLT THROWERカヴァー1曲含む2001年のライヴ音源4曲を収録した2009年のアルバム。

ブラスト/裏打ち等での疾走やミドルテンポ等絡めて展開してゆく籠り気味のrawなドラムに、籠り気味の低音を効かせるベース、ジージーと歪んだチープでプリミティヴなギターが寒々しくオーソドックスなブラックメタルリフやズンズンとデス/スラッシュメタル的刻みを交えたオールドスクールなアグレッシヴリフを奏で、魔物の如く邪悪なヴォーカルがドスを効かせて低く唸りガナる!!過去の作風とは大きく異なるオーソドックスで古臭いrawなブラックメタルを展開しており、荒涼とした独特のHATE FORESTサウンドを期待して聴くと拍子抜け必至の残念極まりない1枚に仕上がっている!!一方、粗く荒々しい生の熱が溢れ出しつつもアンダーグランドブラックメタルバンドにしては比較的良好な音質のライヴ音源は格好良く、HATE FORESTマニアは垂涎の逸品ではあるが、生々しいだけあって当然"HATE FORESTらしさ"は堪能する事が出来ない、やはり奇特なHATE FORESTマニア専用の1枚であろう、間違ってもこの音源からHATE FORESTを聴き始めてはいけない7曲38分!!!

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • CARPATHIAN FOREST
  • CARPATHIAN FOREST
  • CARPATHIAN FOREST
  • CARPATHIAN FOREST
  • CARPATHIAN FOREST
  • CARPATHIAN FOREST
  • SOMBRES FORÊTS
  • SIEGHETNAR
  • SIEGHETNAR
  • SIEGHETNAR
  • SIEGHETNAR
  • A FOREST OF STARS
  • A FOREST OF STARS
  • A FOREST OF STARS
  • A FOREST OF STARS
  • NAV'
  • NAV'
  • NARGAROTH
  • NARGAROTH
  • NARGAROTH
  • NARGAROTH
  • NARGAROTH
  • NARGAROTH
  • MERRIMACK
  • MERRIMACK
  • MERRIMACK
  • MERRIMACK
  • DUB BUK
  • DUB BUK
  • DUB BUK
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ