主に、ブラックメタルとサウンドトラックのレヴューをしています。 音源購入の際の参考になれば幸いです。
新興宗教万華教
新興宗教 万華教
六弦A助氏と、櫻井アンナ氏による日本のシンフォニックメタル/ロックバンド、2009年の9thフルアルバム。

荘厳美麗なるkeyと新興宗教的コーラスによる胡散臭い宗教色漂わせるイントロで幕を開ける楽曲は、ミドルテンポや裏/表打ちでのメタル的疾走を絡めてドラマティックに展開してゆく無機質なドラムに、ブゴブゴと野太い低音を響かせるベース、ジージーキリキリと歪んだチープでノイジーなギターがジキジキズンズンと刻みを交えたメタルリフと涙腺を刺激する美しいメロディ、そして速弾き且つ泣きのギターソロを、要所でアコースティックなギターが物悲しいメロディを奏で、何処か胡散臭い宗教色を醸し出す荘厳美麗なるシンフォニックなkeyがギターリフに仰々しく絡んで耽美な世界観を紡ぎ出し、特筆して歌唱力が高くも低くも無い女性クリーンヴォーカルが歌い、要所で"六弦アリス混声遺言合唱団"によるクワイヤ的コーラスが壮麗さを纏って絡む!!前作「Omen of Seven」の超絶厨二病曲「万華教の人々」を主題としたアルバムであるらしく、「万華教の人々」と同じリフやメロディも時折顔を出す。歌詞には未だ厨二病臭が感じられるが前作程の恥ずかしさは無く、寧ろ普通に楽しめる。今作でもヴォーカル以外全て打ち込みらしく(本当か!?凄過ぎる!!)、前作と音質/作風共に基本的には同路線であり、今作でも全体的に無機質なチープさが若干感じられるが、作風や世界観は前作よりも上手く纏まっており、過去作品が好みであれば今作も絶対的に買って損は無く、V系辺りの耽美なメタル/ロックミュージックが好みであればお勧めの逸品に仕上がっている!!!何と言っても、時に美しく儚く、時に耽美で力強く、時に頽廃的で物悲しいヴォーカル/ギター/key等による琴線を刺激して已まない旋律の応酬が大変秀逸で、且つJ-POP的キャッチーさを纏いながらもドラマティックな楽曲の展開や構成も絶妙で、更には、シンフォニックな要素やゴシックな要素、ヘヴィメタルやロックミュージック等の要素を巧みに融合させたサウンドと厨二病的耽美で個性的な歌詞が相まって独特の世界観を創り出しており、六弦A助氏のメロディセンス、元い、作曲/世界観作りのセンスの高さを大いに感じる事が出来る!!!例えば、5曲目「先天性ドルチェ」の切ない泣きの旋律は特に素晴らしく、片想いの切な過ぎる歌詞(自分に興味の無い人間には全く興味が無い性格の僕には全く理解は出来ないが)と相まって、気持ちの解る者であれば涙する事必至の名曲であり、アーティスト(と言うかアイドル)への片想いを心地良い疾走感に乗せて歌った7曲目「純心セイレーン」もまた然り(直接会って話した事も無い人間に想いを寄せる感覚は僕には全く理解出来ないが!)!!一方、インダストリアルで不道徳な雰囲気醸し出す6曲目「本能」では、ラップ調の歌唱も聴く事が出来るが特に韻も踏んでおらず、また「万華教の人々」のリフと安っぽいお経が織り成す8曲目「偽善の調べ」も同様に、アルバムのアクセントにはなっているが成功しているとは余り言えない微妙な仕上がりである(笑)。ズンズンとエクストリームメタル的刻みを交えた不道徳な楽曲達も勿論非常に格好良く素敵ではあるが、やはり胸を締め付ける切ない泣きの哀愁旋律を纏った楽曲達の秀逸さには悶絶必至の!!!!!因みに、個人的には、諦念を纏った気怠く頽廃的な旋律が心に沁みて心地良い12曲目「ワルキューレの詩」が特に好きである。絢爛耽美で頽廃的且つ胡散臭くも荘厳美麗なるメタルサウンドによって万華教教祖による凡庸なる人生の理を著した、極上のアンダーグランド(同人)シンフォニック/ゴシックメタル/ロックミュージックを構築する良盤、12曲47分!!!!実に素晴らしい!!!!!オススメ!!!


迷イノ森、夢十夜。-人トシテ-
迷イノ森、夢十夜。 -人トシテ-
六弦A助氏と、櫻井アンナ氏による日本のシンフォニックメタル/ロックバンド、2011年の15thフルアルバム。(MISTERY CIRCLEやEIGENGRAUのYouki氏がギターで参加!!)

物悲しげなピアノによる30秒弱の短いイントロで幕を開ける楽曲は、ミドルテンポを軸に時折表/裏打ちでの疾走等絡めて緩急付けて展開してゆく重くしっかりとした手数の多いドラムに、心地良い低音を効かせるヘヴィなベース、ジミジミと程好く歪んだギターがジキジャキと刻みを交えたバッキングリフと切ない泣きのメロディを奏で、作品に荘厳美麗でドラマティックな要素を加える美しいkeyや六弦アリス混声遺言合唱団によるコーラスが要所で絡み、櫻井アンナ氏の安定感のあるヴォーカルが気怠げに歌い上げる!!対となる(?)前作14thフルアルバムよりもより明るく軽快な印象で比較的躍動感のある作品に仕上がっており、基本的には過去の作風を踏襲した実に六弦アリスらしい一枚に仕上がっているが、ズンズンとしたメタル的残虐攻撃性やヘヴィメタルらしい疾走感が影を潜めた事によって、前作に引き続き、ミドルテンポ主体のよりロック色の濃いアルバムを構築!!!それ故に、ブルータルでアグレッシヴなメタル要素を期待して聴くと「何か違う・・・。」という少し拍子抜けで物足りない印象を受けるかも知れないが、何と言っても、人の群れに紛れて他人と同化して生きなければならない世の中を厭う事を主題とした様な厨二病的歌詞と相まって紡ぎ出される、六弦アリスでしか有り得ない荘厳耽美で不思議な頽廃的世界観は相変わらず素晴らしく、六弦アリス独特の世界観に魅了された者であれば今作も気に入る事は間違い無い逸品と成っている!!!不道徳で邪悪な声色による男性の早口な語りが用いられた楽曲も1曲有るが、台詞の内容は幼稚な戯言なのがまた面白い(笑)。そして個人的には特に、過食症ドスロリの愚かな人生を歌った6曲目「背徳日和」が、奇怪で不道徳で個性的な歌詞も相まって好きである。少しの躍動感を纏いながらも暗く頽廃的なるゴシックロック/メタルサウンドを展開する良盤、7曲25分!!!!これが六弦アリスの世界だ!実に秀逸!!オススメ!!!

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • NEFANDUS
  • NEFANDUS
  • FÖRGJORD
  • FÖRGJORD
  • FÖRGJORD
  • FÖRGJORD
  • NECROPLASMA
  • NECROPLASMA
  • NECROPLASMA
  • NECROPLASMA
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • NÅSTROND
  • NÅSTROND
  • NÅSTROND
  • NÅSTROND
  • NÅSTROND
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTREICH
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ