主に、ブラックメタルとサウンドトラックのレヴューをしています。 音源購入の際の参考になれば幸いです。
lasaniedessieclespanegyriquedeladegenerescence
La Sanie Des Siecles - Panegyrique De La Degenerescence
DOR DAEDELOTHや、元ALCEST等のFamine氏、ALCESTやGLACIATION、AMESOEURS、PHOBOS、元BAHRRECHT等のWinterhalter氏、GLACIATIONやTRISTE SIR、元BRUTAL REBIRTH等のIndria氏、そしてALCESTやGLACIATION、AMESOEURS、OLD SILVER KEY、FORGOTTEN WOODS、PHEST、DOR DAEDELOTH、元MORTIFERAで、元LANTLOS等のNeige氏によるフランスのブラックメタルバンド、2006年の1stフルアルバム。

ミドルテンポやブラスト等様々織り交ぜて展開してゆくrawなドラムに、程好い低音を効かせるベース、ジャリジャリプリプリと歪んだチープでプリミティヴなギターが涙腺を刺激する物悲しげなメランコリックリフや、涙腺を刺激し倒す泣きのギターソロを奏で、悪魔の赤子の如くFamine氏の邪悪なヴォーカルがギャーギャーと汚らしく叫び、悲愴で悲痛なNeige氏の絶叫が時折絡む!!rawでチープでプリミティヴな音質による涙腺刺激のメランコリックなアンダーグランドブラックメタルを展開しており、何と言っても、物悲しげなメランコリックリフが非常に秀逸で、そのメランコリックリフの随所で絶妙に絡み付くこれでもかと涙腺を刺激して決壊必至の泣きのギターソロがもう堪らなく、その様なギターソロやクリーン/アコースティックなギター、そして時折オルガンや賛美歌の様な宗教的なコーラス(SE?)等も用いた作風や、少し個性的な/悪く言えば節操無しの楽曲の展開や構成が、ブラックメタル的に他では余り見受けられない斬新さを伴っており、妙ちくりんな要素纏った一風変わったアンダーグランドブラックメタルが好みであれば是非ともお勧めしたい逸品に仕上がっている!!!それにしても、やはり、この、随所で絶妙に絡み付いてくる泣きのギターソロがもう泣き過ぎて悶絶必至の!!!!!美しいまでの哀愁メランコリックさと泣きの旋律、そして粗く生々しい地下的邪悪さが織り成す、アンダーグランドでメランコリックな至高のプリミティヴブラックメタルアートを構築する傑作、8曲52分!!!!!実に素晴らしい!!!!!


folkfuckfolie
Folkfuck Folie
DOR DAEDELOTHや、元ALCEST等のFamine氏、ALCESTやGLACIATION、AMESOEURS、OLD SILVER KEY、FORGOTTEN WOODS、PHEST、DOR DAEDELOTH、元MORTIFERAで、元LANTLOS等のNeige氏、ALCESTやGLACIATION、AMESOEURS、PHOBOS、元BAHRRECHT等のWinterhalter氏、GLACIATIONやTRISTE SIR、元BRUTAL REBIRTH等のIndria氏、そしてAMESOEURS等のAudrey S.氏によるフランスのブラックメタルバンド、2007年の2ndフルアルバム。

ファストなブラストやミドルテンポ等様々織り交ぜて多彩に展開してゆくrawなドラムに、ジャリキリプリプリと歪んだチープでプリミティヴなギターが物悲しげなメランコリックリフやアグレッシヴなリフ、涙腺を刺激する泣きのギターソロを奏で、悪魔の赤子の如く邪悪なヴォーカルが汚らしく喚く!!前作1stフルアルバムよりも涙腺刺激のメランコリックさが薄れて、よりファスト且つスラッシーでオールドスクールな要素等を加えてアグレッシヴさが増した印象を受けるが基本的には前作と同路線の、粗くrawでチープでプリミティヴな一風変わったメランコリックブラックメタルを展開しており、前作が好みであったならば今作も安心の変態的逸品に仕上がっている!!!何と言っても、予測不可能な妙ちくりんなリフ&ドラム捌きによる妙ちくりんな楽曲の展開や、様々な要素を好き勝手織り交ぜて節操無しに繰り広げられる楽曲の構成が実に面白く、今作でもやはり他のブラックメタルでは余り見受けられない個性的な作風の独特の世界観を構築!!!これは非常に面白い!!!メランコリックなプリミティヴブラックメタルを元に、アンダーグランド音楽の要素を何でも好き勝手に掻き混ぜてFamine氏の変態的構成美学で味付けして完成したかの様な、変態的音楽マニアには堪らない地下音楽芸術を堪能する事が出来る珠玉の12曲48分!!!!実に素晴らしい!!!!!


morsorbisterrarum
Mors Orbis Terrarum
DOR DAEDELOTHや、元ALCEST等のFamine氏によるフランスのブラックメタルバンド、2007年の2本組コンピレーションテープ。

「Mors Orbis Terrarum I(Face A)」には、2001年のデモ「Aryan Supremacy」と、2002年のデモ「Memoire Paienne」、そして2005年のボーナストラック「Retour de flamme」を収録!!「Mors Orbis Terrarum I(Face B)」には、2002年のデモ「Macabre Transcendance...」と、ボーナストラック「Extrait des Chants de Maldoror, emission nocturne de l'atrabilaire M.」を収録!!A面「Aryan Supremacy」では、デモ音源らしいガシャガシャとした粗く汚い音質による地下黒金属を展開しており、時折ほんのり物悲しげなリフを絡めつつも劣悪邪悪なヴォーカルや音質等も相まって1stフルアルバム以降の作風の面影は殆ど無く、未だ荒削りで完全に地下マニア向けの劣悪ネクロな4曲であり、「Memoire Paienne」でも似た作風ではあるが宗教的SEを部分的に絡めて雰囲気が少し進化した2曲を展開し、「Retour de flamme」では音質は粗く劣悪ヴァージョンであるがフルアルバムの楽曲を展開!!一方のB面「Macabre Transcendance...」では、既にこの時から1stフルアルバムの作風に近い楽曲を展開しており、1stフルアルバムの楽曲も2曲収録されて、メランコリックな涙腺刺激リフに泣きのギターソロが絡む実にPESTE NOIREらしい5曲を展開し、「Extrait des Chants de Maldoror, emission nocturne de l'atrabilaire M.」では、今一つ何を表現したいのか意味不明のボーナストラックらしい短い楽曲ではあるが、その意味不明さも実にPESTE NOIREらしい(笑)!!PESTE NOIREマニアは垂涎の、初期からの進化を垣間見る事が出来る13曲54分!!!

「Mors Orbis Terrarum II(Face A)」には、2003年のデモ「Phalenes Et Pestilence - Salvatrice Averse」と、2004年のボーナストラック「Dueil angoisseus」を収録!!「Mors Orbis Terrarum II(Face B)」には、2005年のデモ「Phalenes Et Pestilence 2005」と、2004年のボーナストラック「L'hymne en l'honneur de la peste」を収録!!A面「Phalenes Et Pestilence - Salvatrice Averse」は、1stフルアルバムのリフも度々奏でられる1stフルアルバムと同路線の楽曲を展開しており、宗教的であったり怪しげであったりのSEを絡めつつ物悲しく涙腺刺激のメランコリックリフと泣きのギターソロが織り成す、PESTE NOIREマニアは必聴の3曲であり、「Dueil angoisseus」は、タイトル通りの、1stフルアルバムに収録の名曲のヴァージョン違いを展開!!こちらのヴァージョンでもやはり泣き倒しで美し過ぎる、PESTE NOIREマニアは必聴にして悶絶必至の名曲に仕上がっている!!!!一方のB面「Phalenes Et Pestilence 2005」も、1stフルアルバム以降の作風、元い同じリフの楽曲を展開しており、宗教的SEを時折絡めて、やはり泣き倒しで美し過ぎる、PESTE NOIREマニア必聴の1曲であり、「L'hymne en l'honneur de la peste」は少々初期デモ音源の頃に戻ったかの様な涙腺刺激要素の薄い疾走曲を展開!!PESTE NOIREマニア感涙必至の6曲56分!!!


balladecuntreloanemifrancor
Ballade Cuntre Lo Anemi Francor
DOR DAEDELOTHや、元ALCEST等のLa Sale Famine De Valfunde氏、DARVULIAや、元CELESTIAで、元FORNICATION等のAndy Julia氏、AMESOEURS等のSainte Audrey-Yolande De La Molteverge氏、そしてRagondin氏によるフランスのブラックメタルバンド、2009年の3rdフルアルバム。

ミドルテンポ主体で展開してゆくスネアがトントコ騒々しいrawなドラムに、ジャリジャリプリプリと汚らしく歪んだチープでプリミティヴなギターがジャコジャコと刻みを絡めた哀愁漂うメランコリックリフを奏で、Famine氏の邪悪なヴォーカルが喚く!!前作2ndフルアルバムよりも哀愁メランコリック度が増して全編ミドルテンポと成り、アグレッシヴ要素は薄れたがやはり基本的な作風は過去作品と同路線であり、粗く生々しくチープでプリミティヴな音質によるアンダーグランドなメランコリックブラックメタルを展開しており、過去作品が好みであれば今作も安心の逸品に仕上がっている!!!何と言っても、渋く哀愁漂わせるメランコリックなリフが相変わらず非常に素晴らしく、要所で効果的に絡む哀愁満点のハーモニカの音色やピアノの旋律、神秘的で美しい女性コーラスや濁声で歌うヴォーカル、そして欧州国歌的コーラス等を突拍子も無く絡めたりの最早やりたい放題の、しかし、やりたい放題であるにも関わらず何故か全てが絶妙に融合して前衛的と言うよりも変態的、且つ芸術的であり、それら個性的楽曲の展開や構成が相まって、一聴してPESTE NOIREだと分かる独特の世界観を構築する、メランコリックでプリミティヴな至高のアンダーグランドブラックメタルアート、10曲39分!!!!今作も相変わらず実に素晴らしい!!!!!


lordurealetatpur
L'Ordure A l'etat Pur
DOR DAEDELOTHや、元ALCEST等のDJ Famine氏によるフランスのブラックメタルバンド、2011年の4thフルアルバム。(VEHEMENTER NOSやLESMENTOR、SOMBRE INSIGHTのVicomte Chtedire De Kroumpadis氏がドラムで、GLACIATIONやTRISTE SIR、元BRUTAL REBIRTH等のLe Indria氏がベースで、AMESOEURS等のAudrey氏が(ソプラノ)ヴォーカルで、VEHEMENTER NOSやSOMBRE INSIGHT等のEngwar氏がチェロやティンパニ、ヴォーカルで、Miss Peste Negre氏がアコーディオンで、Rachid De France氏がトロンボーンで、SALE FREUXやDRAKONHAIL、TROU NOIR、HUMUS、SAATKRAHE、元BREIZH OCCULTで、元VOQKRREのLulu l'ermite氏と、SACRIFICIA MORTUORUMやGONFANON、TORECH UNGOL、CYTHRAULのSeigneur Arawn氏がゲストヴォーカルで、そしてL'Atrabilaire Maldo氏がPreches occitansで参加!!)

ミドル/スローテンポやブラスト等での疾走を織り交ぜて展開してゆくrawなドラムに、低音を効かせるベース、ジャリキリと歪んだギターが哀愁を纏ったリフや涙腺を刺激するメロディックリフ、諧謔的なリフ、泣きのギターソロ等を奏で、Famine氏のヴォーカルが熱く汚らしく喚き散らし、ガナり歌い、時折、Audrey氏のクリーンヴォーカルが高らかに且つ陰を孕んで歌う!!今作でも過去作品と同路線の、節操無く好き勝手やりたい放題の、一聴してPESTE NOIREだと判る個性的な楽曲を展開しており、しかし、過去作品よりもゲスト参加者が増えて様々な楽器の音色やSE等絡まりあって、やりたい放題の破茶滅茶感により一層磨きが掛かった印象を受ける。突拍子も無く鶏が鳴いたかと思えば銃声を格好良く絡めたり、ドラムがテクノ/インダストリアルな打ち込みサウンドに変化したり、仰々しくトロンボーンやティンパニが絡んだかと思えばアコーディオンやアコースティックな音色のギター等で哀愁を誘い、はたまた、アートワークではゴリラも豪華客船も鶏も人参も宗教画もあればバットを振り回すFamine氏も居て、最早、破茶滅茶を通り越してカオスである、カオスにも程がある、何なんだこれは(笑)!!!!しかし、それら要素が奇跡的に、否、Famine氏のセンスで絶妙に纏め上げられて素晴らしいアルバムに仕上がっているから凄い!!!!何と言っても、時折絶妙に絡む涙腺刺激の泣きの旋律が相変わらず非常に素晴らしく、常人には予測不可能な楽曲の展開/構成やFamine氏の熱いヴォーカルが絡み合って、PESTE NOIREファンは必聴!!!!真性ブラックメタルマニアには決してお勧め出来ないし、勿論、大衆にもお勧め出来ないマニアックな逸品ではあるが、変態的音楽マニアであれば絶対的に買って損無しの近代混沌芸術音楽を構築する5曲60分!!!!!これをPESTE NOIREの最高傑作にして名盤だと宣う愛すべき馬鹿が居ても何ら不思議では無い!!!!!素晴らしいにも程がある!!!!!!

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • NARGAROTH
  • NARGAROTH
  • NARGAROTH
  • SMORZANDO
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTMYSTIUM
  • COVENANT
  • DAMAAR
  • 六弦アリス
  • 六弦アリス
  • 六弦アリス
  • NEFANDUS
  • NEFANDUS
  • FÖRGJORD
  • FÖRGJORD
  • FÖRGJORD
  • FÖRGJORD
  • NECROPLASMA
  • NECROPLASMA
  • NECROPLASMA
  • NECROPLASMA
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ