主に、ブラックメタルとサウンドトラックのレヴューをしています。 音源購入の際の参考になれば幸いです。

あの蒼い海よりオリジナルサウンドトラック
オリジナルサウンドトラック
OPテーマ「あの蒼い海より」(作曲/編曲:井原恒平 / 歌:めらみぽっぷ)のフルヴァージョン、EDテーマ「ひとりじゃない」のフルヴァージョン、そして井原恒平氏によるBGMを21曲収録した、PCゲーム「あの蒼い海より」の初回限定版同梱特典CD。

OPテーマは、ブモブモとベースの効いたかなり安っぽいアンダーグランド臭溢れる音質ではあるが、(自称)泣きゲーに相応しい悲哀を帯びたメロディが非常に素晴らしく、特筆して巧いわけではないが悲しみを帯びた歌声が楽曲にマッチしたヴォーカルも相まって、素人臭いチープな音質によるマイナス面も十分に補える程の、エロゲソングファンは必聴の、泣きの名曲に仕上がっている!!実に素晴らしい!!!一方のEDテーマは、これまた(自称)泣きゲーのエンディングに相応しいバラード曲を展開しており、悲しみを乗り越えて未来へと歩き始めるハッピーエンドの涙を誘うかの様な、こちらも良曲に仕上がっており、エロゲソングファンであれば絶対的に聴いて損無しの1曲である!!実に秀逸!!!そしてBGMは、実に夏のPCゲームらしい無機質な清々しさを纏った伸びやかな/元気な/穏やかな日常曲を主に、女々しく辛気臭い楽曲や、悲しみに満ち溢れた楽曲、夜空に輝く星々の様に神秘的な楽曲や、危険な要素を孕んだ不吉な楽曲、そして一転して呆けた様な諧謔の楽曲等を展開しており、特に4曲目「azure blue」や5曲目「Cattlleya」等は、穏やかに、しかし何処か喪失感や悲しみ等の儚く寂しげなネガティヴ要素を孕んだ旋律が非常に素晴らしく、涙腺を心地好く刺激してくれる名曲であるし、唯々悲しみの旋律を奏でて否応無しに悲嘆の奈落へと導く14曲目「forbidden」、そして深い悲しみを乗り越えて今まさに涙を拭わんとする美しい旋律に涙腺が緩む16曲目「その日が来るまでは」も非常に素晴らしい名曲なのである!!!!ゲーム本編はゴミであるが、この楽曲群には泣ける!!!!ヴォーカル曲は両曲共に名曲級の素晴らしさであるし、BGMも綺麗な涙腺刺激の旋律を奏でて素晴らしく、これは名盤と言っても決して過言ではない、エロゲーのサウンドトラックファン必聴の23曲63分!!!!実に素晴らしい!!!!!!


あの蒼い海より
「あの蒼い海より」

メーカー :  LilacSoft
ジャンル : 不幸に負けないアドベンチャー
発売日   : 2009年07月31日
 

シナリオ  : 下妻憂/りらどる
原画       :  ユイザキカズヤ/その吉。
音楽       :  井原恒平

キャスト : 宮倉海(CV:小倉結衣)
         結城陸(CV:渋谷ひめ)
         奄美早苗(CV:水島理音)
        夜坂由佳(CV:新堂真弓)
        神谷実(CV:七生みこと)
        佐山歩(CV:神崎ちひろ)
        龍言寺綾乃(CV:雪都さお梨)
        津山舞(CV:相原詩織)

プレイ時間 : BAD END(1周目)/約5時間
                    「各ルート/約5時間×2」 × 3人
         結城陸ルート/約3時間

評点 : 1/100

ストーリー:
もう回復の見込みは無い母親の療養の為に、海辺の田舎町「猫鳴町」に引っ越してきた主人公。過去に大切な幼馴染の結城陸を失い、涙は枯れ果て、特に何の希望もなく悲観的に生きている主人公。そんな主人公が猫鳴町に来て、記憶が失われてゆく病気を患っている宮倉海を初めとした様々な女の子達と出会い、成長してゆく物語。

感想:
パッケージ裏にて、泣きゲーへの拘りをアピールしているが、先ずその時点でこれを制作した人達のセンスに気付くべきであった。そんなもの自分達でアピールするものではないだろうに・・・そしてこのシナリオである!!泣きゲーが好きな中学生、若しくは文才の無いド素人が見様見真似で書いてみたかの様な、余りにもチープで酷い、最早問題外の中の問題外、うじうじと鬱陶しい悲観的な主人公と説得力に欠ける安っぽい悟りを語る登場人物達が織り成す物語の酷さと言ったら!!自分の親が治る見込みの無い病気で入院しているにも関わらず見舞いに行く描写等殆ど無いし、夜坂由佳ルートでは、由佳の父親が倒れたと言うにも関わらず父親ほったらかしで父親の喫茶店をどう営業するかを皆でワイワイと話し合って挙句の果てにメイド喫茶化である!!何と酷い、何と薄情な、何と拙いシナリオであろうか!!泣きも温かみも、物語の奥行きも何も無い薄っぺらな、こんなシナリオで誰が泣けると言うのか!!勿論、そんな酷いシナリオだからHシーンもオカズに等なるはずが無く、いや、オカズにしたら何かいろいろと負けである!!その上、B級どころかD級同人誌並の原画、しかも使い回し甚だしい手抜き加減で、頑張って良い作品を作ろうなんて気持ちがまるで伝わってこない、これを製品として売ろうだなんておこがましいにも程があるレヴェルである!!!音楽だけはなかなかに悪くはなく、初回限定同梱特典のオリジナルサウンドトラックCD以外には何の魅力も感じられない、いや、プレイなんてしたら人生を無駄遣いする事間違い無しの、よっぽどのエロゲーサントラマニア以外は買う価値皆無の作品と成っている!!!作り手の気配りが唯一感じられる救いの部分と言えば、プレイヤーの人生を少しでも無駄にしない為の「シナリオの短さ」であろうか。・・・こ、これは・・・まるで、ゴミのようだ・・・!!!こんな、酷いなんて言葉では到底表現し切れない次元の酷い作品を、よくもまぁ恥ずかしげも無く発売したものである!!!!

ban01_170_500 ban02_170_500 ban03_170_500 ban04_170_500 ban05_170_500 ban06_170_500 ban07_170_500 ban08_170_500
 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTMYSTIUM
  • MORTE INCANDESCENTE
  • MORTE INCANDESCENTE
  • MORTE INCANDESCENTE
  • CARPATHIAN FOREST
  • CARPATHIAN FOREST
  • CARPATHIAN FOREST
  • CARPATHIAN FOREST
  • CARPATHIAN FOREST
  • CARPATHIAN FOREST
  • CARPATHIAN FOREST
  • KRIEG
  • KRIEG
  • KRIEG
  • KRIEG
  • KRIEG
  • KRIEG
  • KRIEG
  • KRIEG
  • BLESSED IN SIN
  • BLESSED IN SIN
  • BLESSED IN SIN
  • STRIBORG
  • STRIBORG
  • STRIBORG
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ