主に、ブラックメタルとサウンドトラックのレヴューをしています。 音源購入の際の参考になれば幸いです。
witheringillusionsanddesolation
Withering Illusions And Desolation
NAZXULやILL OMEN、FUNERAL MOURNING、TEMPLE NIGHTSIDE、PERDITION ORACLE、BARATHEON、そして元PESTILENTIAL SHADOWSのDesolate氏と、GERMやDUNGEON、ILIUM、BLACKENED ANGEL、AUTUMN'S DAWN、GREY WATERS、元NAZXULで、元PESTILENTIAL SHADOWS、元BLACK REIGN、元LORD、元BATTALION、元PAINDIVISION、元BAAL GADRIAL、元KINSTRIFE & BLOOD、元RIFTで、元SIMON POLHILLのSorrow氏によるオーストラリアのブラックメタルバンド、2007年の1stフルアルバム。(NAZXUL、DROWNING THE LIGHT、PESTILENTIAL SHADOWS、ROOKWOOD、KINSTRIFE & BLOOD、RIFT、SECRATAIN、ANWARIAD、AGAILIAREPT、ZAEBROS、そして元MALICEのBalam氏がゲストヴォーカルで1曲参加!!)

ミドル/スローテンポ主体で展開は控え目にゆっくりと流れてゆくrawでプリミティヴなドラムに、シャーシャーシーシーと歪んだ砂塵の如くギターが物悲しい陰鬱リフや希望の光纏った白く儚い涙腺刺激のメロディックリフを奏で、歌詞があるのか叫んでいるだけなのか判らない単語の聞き取り100%不可能な悲痛なヴォーカルが絶望や苦痛を伴ってキャーキャーヒョーヒョォーと高音で叫ぶ!!何と言っても、シャーシャーとした低音皆無の砂塵ギターが紡ぎ出す悲しくも儚く美しいメロディックリフが非常に秀逸で、悲愴感と絶望感に満ち溢れた悲痛なヴォーカルや控え目な展開でゆっくりと流れてゆく楽曲の構成、そしてrawでプリミティヴな音質も相まって、正にジャケットが表しているかの様な白く空虚な荒涼とした悲哀の世界観に身を委ねる事が出来る珠玉の鬱サウンドを構築しており、涙腺刺激の荒涼とした美しいデプレッシヴブラックメタルが好みであれば、若しくはSorrow氏界隈のバンドが好みであれば悶絶級の、白く儚い鬱世界へと心地好く旅立てるであろう5曲56分!!!実に秀逸!!!


onlythewindremembers
Only The Wind Remembers / Ending The Circle Of Life
NAZXULやILL OMEN、FUNERAL MOURNING、TEMPLE NIGHTSIDE、PERDITION ORACLE、BARATHEON、そして元PESTILENTIAL SHADOWSのDesolate氏と、GERMやDUNGEON、ILIUM、BLACKENED ANGEL、AUTUMN'S DAWN、GREY WATERS、元NAZXULで、元PESTILENTIAL SHADOWS、元BLACK REIGN、元LORD、元BATTALION、元PAINDIVISION、元BAAL GADRIAL、元KINSTRIFE & BLOOD、元RIFTで、元SIMON POLHILLのSorrow氏によるオーストラリアのブラックメタルバンド、AUSTERE。
L氏、Brennuvargr氏、Lentus氏、そしてEgo Exitium氏によるイギリスのブラックメタルバンド、LYRINX。
両バンドによる2008年のスプリットアルバム、4曲60分!!

AUSTEREは、時折ブラストでの疾走を絡めつつもミドル/スローテンポ主体でゆっくりと展開してゆくrawでプリミティヴなドラムに、仄かな低音を効かせる心地良いベース、シャーシャーと歪んだ砂塵の如くギターが儚く美しい悲哀のメロディックリフを奏で、絶望感と悲愴感に苛まれた悲痛なるヴォーカルがキャーキャーヒョーヒョォーと高音で叫ぶ!!音質も含めて、前作1stフルアルバムと全くの同路線の作風であり、前作が気に入ったならば今作も間違い無く、いや、更に悶絶出来るであろう珠玉のメロディック鬱ブラックメタルを展開しており、何と言っても、やはり、ひたすら涙腺を刺激し倒す儚げな悲哀リフが今作でも非常に素晴らしく、美しいまでに荒涼とした白く儚いデプレッシヴな世界観に悶絶必至の涙腺決壊必至、美しく絶望的で悲痛なるサウンドに泣ける、デプレッシヴブラックメタルマニアは必聴の2曲!!!!実に素晴らしい!!!!

LYRINXは、時折ブラストでの疾走を絡めつつもミドル/スローテンポ主体でゆっくりと展開してゆく熱く感情的でrawなドラムに、柔らかで心地良い低音を効かせるベース、ジージャーと空間的に歪んだギターが儚くも陰鬱なネガティヴリフを展開を極力控えて延々と奏で、悲痛なヴォーカルが演奏に埋もれて遠くで熱く感情的に高音で喚き叫ぶ!!前作ミニアルバムと世界観は同路線であるが、各々15分以上の曲が並んで大作志向の作風に変化しており、それ故に、展開を極力控えて、しかし決して坦々とした印象は無く、熱く感情的に流れてゆく、感情的起伏の在るドラマ性を孕んだ楽曲の展開/構成が秀逸な、ひたすらメランコリックで柔らかな涙腺刺激のデプレッシヴ/ポストブラックメタルを展開しており、まるで揺り籠の如く優しげな鬱サウンドに心癒される2曲!!!オススメ!!!

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • SORT VOKTER
  • NARGAROTH
  • NARGAROTH
  • NARGAROTH
  • NARGAROTH
  • DARK FORTRESS
  • DARK FORTRESS
  • DARK FORTRESS
  • DARKFLIGHT
  • MIRKHALL
  • TAAKE
  • TAAKE
  • TAAKE
  • TAAKE
  • TAAKE
  • TAAKE
  • TAAKE
  • TROPES
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • NEKROKRIST SS
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ