主に、ブラックメタルとサウンドトラックのレヴューをしています。 音源購入の際の参考になれば幸いです。
blacksearedheart
Black Seared Heart
THRONE OF KATARSISやMEKANIK、元FORLORNで、元BLOOD RED THRONE、元122 STAB WOUNDS、元COBOLT 60、元NEETZACHで、元INCARNATOR等のSanrabb氏、FORLORNやTWIN OBSCENITY、THE DEVIANTのDolgar氏、そしてSir Vereda氏によるノルウェーのブラックメタルバンド、93年のデモに、Sanrabb氏、Dolgar氏、ORCUSTUSやSECHT、元ENSLAVEDで、元DJEVEL、元NETTLECARRIER、元TORTORUM、元AURA NOIR、元NEETZACH、元122 STAB WOUNDSで、元WORLD DESTROYER等のDirge Rep氏、そしてNOCTURNAL BREEDやCONJURATION、
元MOLOCH等のSvartalv氏による94年録音の2曲と、Sanrabb氏、Dolgar氏、Dirge Rep氏、Svartalv氏、そしてSarcana氏による94年録音の1曲をボーナストラックで追加してのCD化再発!

チェンバロによる貴族的で耽美なイントロで幕を開ける楽曲は、表打ちでの疾走やミドルテンポを絡めて展開してゆく古臭くrawなドラムに、古臭く籠った低音を程好く効かせるベース、ジャリジャリと歪んだチープでプリミティヴなギターが実に90年代初期ブラックメタルらしい古臭いリフを奏で、邪悪なヴォーカルがガラガラ声でクールにガナる!!チープではあるが冷たく美しいkeyを要所で薄らと絶妙な塩梅で絡めて耽美でドラマティックな雰囲気を漂わせる、実に90年代初期ブラックメタルらしい古臭い楽曲を展開しており、ブラスト等によるエクストリームな要素は薄く、近年のエスカレートした過激さや邪悪さを求める者には少々退屈に感じるかも知れないが、何と言っても、過激さや邪悪さよりも貴族的な耽美で優雅な雰囲気に重きを置いた、まるで没落したヴァンパイア貴族の哀愁を感じさせる様な作風が個性的且つ秀逸で、実に90年代初期らしい過激成分希薄な古臭い音質やしっかりとした演奏も相まって、90年代初期北欧ブラックメタルマニアには堪らない、古き良きオールドスクールサウンドを堪能する事が出来る心地良き良盤、10曲32分!!!やはり90年代初期北欧ブラックメタルは素晴らしい!!!!


firstspell
First Spell
Sarcana氏、ORCUSTUSやSECHT、元ENSLAVEDで、元DJEVEL、元NETTLECARRIER、元TORTORUM、元AURA NOIR、元NEETZACH、元122 STAB WOUNDSで、元WORLD DESTROYER等のDirge Rep氏、NOCTURNAL BREEDやCONJURATION、元MOLOCH等のSvartalv氏、FORLORNやTWIN OBSCENITY、THE DEVIANTのDolgar氏、そしてTHRONE OF KATARSISやMEKANIK、元FORLORNで、元BLOOD RED THRONE、元122 STAB WOUNDS、元COBOLT 60、元NEETZACHで、元INCARNATOR等のSanrabb氏によるノルウェーのブラックメタルバンド、94年のミニアルバム。

2バスを上手く絡めたミドルテンポ主体でゆっくりとドラマティックに展開してゆくrawなドラムに、ボモボモと古臭く籠った程好い低音を効かせるベース、ジージージャリジャリと歪んだチープでプリミティヴなギターが実に90年代初期ブラックメタルらしい古臭いリフを奏で、冷たく荘厳な雰囲気を醸し出すドラマティックなkeyがアルバム全体を薄らと被い、ガラガラ声の邪悪なヴォーカルが語る様に囁く様に低くガナる!!耽美な旋律を奏でるパイプオルガン的なkey等を要所で織り交ぜて、ダリオ・アルジェント辺りの映画を何となく彷彿させる様な、"美"に特化したドラマティックブラックメタルを展開しており、ブラスト等での激烈要素は排除してゆっくりとドラマティックに流れてゆく楽曲の展開や実に90年代らしいチープで籠ったrawで柔らかな音質と相まって、エクストリームなサウンドを求める者には少々退屈に感じるかも知れないが、何と言っても、ヨーロッパ貴族的で耽美な雰囲気とドラマ性を効果的に演出するkeyが非常に秀逸で、その耽美さ溢れるゴシック的世界観に心地良く安らかに浸る事が出来る、初期ブラックメタルの名作に仕上がっている5曲26分!!!!やはり90年代初期ブラックメタルは素晴らしい!!!!!


seenthroughtheveilsofdarkness
Seen Through The Veils Of Darkness (The Second Spell)
FORLORNやTWIN OBSCENITY、THE DEVIANTのDolgar氏、ORCUSTUSやSECHT、元ENSLAVEDで、元DJEVEL、元NETTLECARRIER、元TORTORUM、元AURA NOIR、元NEETZACH、元122 STAB WOUNDSで、元WORLD DESTROYER等のDirge Rep氏、NOCTURNAL BREEDやCONJURATION、元MOLOCH等のSvartalv氏、THRONE OF KATARSISやMEKANIK、元FORLORNで、元BLOOD RED THRONE、元122 STAB WOUNDS、元COBOLT 60、元NEETZACHで、元INCARNATOR等のSanrabb氏、そしてSarcana氏によるノルウェーのブラックメタルバンド、95年の1stフルアルバムの、リマスター再発盤。(ULVERやAETHENOR、HEAD CONTROL SYSTEM、そして元ARCTURUSで、元BORKNAGARのGarm氏がメインヴォーカルで1曲参加!!)

2バスを上手く交えたミドルテンポを軸にブラストや表/裏打ちでの疾走を絡めてドラマティックに展開してゆくrawなドラムに、90年代らしい籠った低音をブムブムと効かせるベース、ジャーシャーと歪んだ薄っぺらでプリミティヴなギターが実に90年代ノルウェーブラックメタルらしい勇壮さと哀愁を纏ったメロディックリフや古臭い攻撃的リフを奏で、美しくドラマティックなkeyがアルバム全体を被って頽廃的で耽美な世界観を醸し出し、邪悪なヴォーカルがガラガラ声で語る様にガナる!!実に90年代ノルウェーブラックメタルらしいトラディショナルな哀愁メロディや寒々しく攻撃的な古臭いリフと、アルバム全体を劇的に被って中世ヨーロッパ的で頽廃的な世界観を齎す美しく耽美で貴族的なkeyによる、実に90年代ノルウェーブラックメタルらしい作風の逸品に仕上がっており、ドラマティックな楽曲の展開や構成、そして実に90年代らしい籠ったrawな音質も相まって、初期SATYRICONや初期ARCTURUS辺りをより耽美な方向性にしたかの様な、最早、90年代前半のノルウェーブラックメタル以外の何物でも無い、90年代諾威黒金属の醍醐味を存分に堪能する事が出来る良作と成っている!!!少々地味な印象は否めないが、何と言っても、耽美で美しくドラマティックなkeyを多用した没落ヴァンパイア貴族的で頽廃的な世界観がやはり非常に秀逸で、過去作品が好みであれば勿論の事、90年代北欧ブラックメタルファン、または耽美なブラックメタルが好みであれば絶対的にお勧めの秀作、9曲43分!!!!やはり90年代北欧ブラックメタルは素晴らしい!!!!

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • LEVIATHAN
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTMYSTIUM
  • NACHTMYSTIUM
  • XASTHUR
  • XASTHUR
  • XASTHUR
  • XASTHUR
  • XASTHUR
  • XASTHUR
  • XASTHUR
  • XASTHUR
  • XASTHUR
  • WATAIN
  • WATAIN
  • WATAIN
  • WATAIN
  • KRIEG
  • TODTGELICHTER
  • TODTGELICHTER
  • AZAXUL
  • STRID
  • STRID
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ